カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ドラフト1・森下暢仁、メッタ打ち『2試合連続KO』で露呈した課題

2020年6月8日

ドラフト1・森下暢仁、メッタ打ち『2試合連続KO』で露呈した課題

期待のドラ1新人がメッタ打ちにあった。7日のオリックス戦に先発した広島の森下暢仁(22=明大)が9安打6失点で五回途中降板。6三振を奪ったものの、制球が甘く、初回の1死一塁ではロドリゲスに高めに浮いた直球を左中間席中段へ運ばれた。

ドラフト前からナンバーワン即戦力投手と評価され、2月のキャンプを見た評論家諸氏は一様に「2ケタ勝利は堅い」と太鼓判。実戦でも結果を出して早々と開幕ローテ入りが内定したが、コロナ禍で中断したオープン戦の最後になって、ソフトバンク打線に2本塁打を浴びるなど4回7安打5失点と炎上した。

「結果的に“2試合連続KO”という形になってしまった。セットポジションでの投球に課題があって、走者を出すと制球がばらつき、球が高めに浮く。これを修正できるかどうかでしょう。大分商、明大時代から故障をするたびに球速を上げるなど、ただでは転ばないタイプ。頭がよく、考えて練習をする選手だから克服するとは思いますが……」(他球団スカウト)

この日の降板後、「開幕前にこういう経験ができてよかった。自信をもってシーズンに入る準備をしたい」と口にした森下。広島は投手力に不安を残すだけに、佐々岡新監督はルーキーの言葉を信じるしかない。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

タナ・キク時代の終焉は「2番・誠也」で打開!「5番・會澤」で得点

タナ・キク時代の終焉は「2番・誠也」で打開!「5番・會澤」で得点

キャンプインまであと半月。この時期の楽しみといえば、今季の布陣を夢想することだろう。どうすれば、チームのポテンシャルを最大限に引き出せるのか。ここでは、現在の戦力を分析し、得点力向上が見込める「最良の …

北別府氏、中崎を心配「打たれる前も表情に覇気がなく、打たれても…」

北別府氏、中崎を心配「打たれる前も表情に覇気がなく、打たれても…」

広島ひと筋にエースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が19日、自身のブログを更新。守護神として球団初のリーグ3連覇に貢献した後輩の中崎翔太投手(25)の状態を慮った。 …

鈴木誠也が独占激白!『丸抜き4番』の重圧と兄貴分への思い

鈴木誠也が独占激白!『丸抜き4番』の重圧と兄貴分への思い

【’19キャンプ 直撃辛口インタビュー】 セ・リーグ4連覇を目指す広島の4番・鈴木誠也(24)が11日、宮崎・日南キャンプで「今季1号」を放った。昨年11月に右足首を固定していたボルトを抜 …