カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2軍調整中の中崎&今村が『1軍』昇格、『勝利の方程式』返り咲く!

2020年6月9日

2軍調整中の中崎&今村が『1軍』昇格、『勝利の方程式』返り咲く!

2軍調整中の広島・中崎翔太投手(27)と今村猛投手(29)は、9日の阪神との練習試合(マツダ)から1軍に合流することが8日、明らかになった。軒並み不安定な救援陣の再整備は、喫緊の課題。実績十分の2人が、今回の阪神3連戦で勝ちパターン入りへのテストに臨むこととなった。

実績組が不安定な救援陣への打開策となる。9日から本拠マツダスタジアムで行われる阪神との練習試合を前に、佐々岡監督は、中崎、今村の2人を1軍に合流させることを認めた。

「最初は、中継ぎでどのポジションでもやってもらう。中崎が上がるからと言って、いきなりストッパーではない。投げて信頼を勝ち取ってもらう」

中崎にとっては、昨年11月の右膝手術後、初の1軍合流。今村は、3月25日のヤクルトとの練習試合で登板機会を与えられて以来の1軍登板となる。2人は、5、7日の2軍阪神戦に登板し、そろって計2イニング1失点。5日に鳴尾浜球場を直接視察した指揮官は、期待を隠さない。

「なかなか中継ぎが機能していない。最初は、そういう(終盤以外の)ところで投げてもらうけど、やっぱり経験や実績があるから(期待は大きい)。(結果、内容次第で)試合展開を決める役割になるかもしれない」

救援陣の整備は、喫緊の課題である。2日からの対外試合6試合で無失点だったのは、スコット(2試合、2イニング)とDJ・ジョンソン(3試合、3イニング)のみ。抑え最有力のスコットにつなぐ終盤の起用法は、いまだ見通しが立っていない。

今回の阪神3連戦を「勝利の方程式」入りを賭けた最終試験とし、開幕前最後の対外試合となる12日からのソフトバンク3連戦(ペイペイドーム)で、実際に試すのが基本線とされてきた。ただし、指揮官は「ペイペイで最後の戦い方になってきて…という(構想)はあるけど、それが最終決定ではない」と、競争の手を緩めずに判断する方針だ。

昨季、抑えをはく奪されて36試合登板にとどまった中崎は、リハビリ段階から「勝ちパターンで投げられるぐらいに持っていかないと(1軍では)投げられない」と先を見据えてきた。16、17年に60試合以上に登板した今村も昨季は27試合のみに終わった。再起を期す2人が、救援陣の厚みを左右する。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

V3の立役者・大瀬良が初の最多勝タイトル獲得!菅野とともに15勝

V3の立役者・大瀬良が初の最多勝タイトル獲得!菅野とともに15勝

広島・大瀬良大地投手(27)の自身初となる最多勝のタイトルが9日、決定した。 大瀬良は今季チーム最終戦となった7日のDeNA戦(マツダ)に先発登板。8回で8三振を奪い6安打3失点と力投したが、3―3の …

中村恭平、入団前からの目標160キロに接近!/わがチームの速球王

中村恭平、入団前からの目標160キロに接近!/わがチームの速球王

入団前から掲げていた「160キロ」が目前に迫っている。中村恭平はプロ9年目の昨季、自己最多を大幅に上回る43試合に登板し、0勝1敗12ホールド、防御率2.64を記録。後半はセットアッパーを任されるなど …

6年目・塹江、初の開幕『一軍』入りも目前/今季はひと味違います!

6年目・塹江、初の開幕『一軍』入りも目前/今季はひと味違います!

6年目の塹江敦哉は自身初の開幕一軍入り目前に迫っている。ドラフト3位で2015年に入団した左腕。16年に一軍デビューし、3試合に登板。しかしその後2年間は一軍の舞台から遠ざかり、昨季は3年ぶりに一軍戦 …