カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

巨人が早くも戦々恐々、カープ・新助っ人『カンポス』驚異の奪三振率

2017年12月22日

巨人が早くも戦々恐々、カープ・新助っ人『カンポス』驚異の奪三振率

広島が20日に獲得を発表した新助っ人、レオネル・カンポス(30=ブルージェイズ)を警戒する声が早くも上がっている。

メジャー通算38試合で1勝、防御率は4.74。今季はブルージェイズで中継ぎとして13試合に登板。13回3分の2を投げて、防御率は2.63だった。ベネズエラ出身。188センチ、97キロの右腕は、長身から投げ下ろす角度のある直球が武器。制球にも定評がある。

スライダー、チェンジアップなど変化球も多彩。奪三振率は「9.9」。セで最も奪三振率が高かった阪神のメッセンジャーが「9.76」である。

広島の今季の救援防御率は2.77。巨人の3.42より断然いいが、救援陣をさらに強固にする構え。チーム事情で先発に回る可能性もあるというが、これに戦々恐々なのは、今季7勝18敗と一方的にやられた巨人だ。

打倒広島に燃える巨人は、今季後半から「広島専属スコアラー」となっていた田畑氏がヤクルトの投手コーチに就任。巨人内には「情報がきめ細かかった。流出は痛い」との声が出る中、「カンポスは奪三振率がメッセ以上で、しかも制球がいいというのは厄介ですね。広島が見つけたんだから、どうせいい投手だろうから」と別の巨人スコアラーは警戒する。

年俸は40万ドル(約4500万円)プラス出来高払い。給料は安くても、広島は外国人選手の発掘に定評がある。ソフトバンクの守護神としてMVPを獲得したサファテにしても、元はといえば広島が年俸9000万円で見つけてきた助っ人だ。

現エースのジョンソンも入団1年目の年俸は7000万円。他球団とは違い数年かけて動向を追い続けるため、年俸1億円以下の主にマイナーが主戦場だった助っ人でも、日本球界に合う選手が多いのだ。

カンポスの加入は、広島と巨人の力関係をさらに広げるかもしれない。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

来季は50発!長野がファンに約束…と思いきや「誠也が打つと思う」

来季は50発!長野がファンに約束…と思いきや「誠也が打つと思う」

広島の長野久義外野手(36)が11日、広島市内で契約更改交渉に臨み、1億7000万円から500万円ダウンとなる1億6500万円で更改した(金額は全て推定)。 今季は95試合に出場し、打率.285、10 …

會澤翼が契約更改、カープ捕手では球団史上最高額!勝負強さが光った

會澤翼が契約更改、カープ捕手では球団史上最高額!勝負強さが光った

広島会沢翼捕手(31)が20日、マツダスタジアム内の球団事務所で契約交渉を行い、3年契約の6億4000万円プラス出来高を結んだ。広島捕手では球団史上最高年俸。 今季取得したFA権は行使せず、早々に残留 …

FA丸の人的補償で『長野』を獲得、さらに1億500万円の金銭補償

FA丸の人的補償で『長野』を獲得、さらに1億500万円の金銭補償

巨人にFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として、長野久義外野手(34)が広島に移籍することが両球団から発表された。 FAによる補償は、野球協約のフリーエージェント規約に定められている。丸の昨季 …