カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

緒方監督、半端ない勝利欲「最後に負けたら、全部ダメやけえ…」

2017年12月24日

緒方監督、半端ない勝利欲「最後に負けたら、全部ダメやけえ…」

「最後に負けたら、全部ダメやけえ」と広島緒方監督は静かに言った。秋季キャンプ中の宮崎・日南海岸。海に反射していた夕日も消え、肌寒くなる時間帯。日課にしていた天福球場から宿舎まで約7キロのウオーキング中。

「はい、こんにちは」と地元の中学生へあいさつを返しながら、指揮官は奥歯をかみしめた。

色あせるはずのない連覇。だがクライマックス・シリーズ(CS)で敗れた悔しさが色濃く残る。「全部俺の責任。先に手を打たれて、受けに回ってしまった」。赤いサングラス越しで表情は分からないが、同じように静かだった。

「ワンプレーで流れが変わる。分かっている。でも、だからこそもう一手を」。自問自答するように続いた。

メディアに露出し、自分の考えを語るタイプではない。コミュニケーションも決して得意とは言えないし、器用でもない。ただ勝利への執念、「いい方向に導いてやりたい」、「勝たせてやりたい」という思いは尋常ではない。

「今年は去年より厳しかった。来年はもっと厳しくなる。でもな、やることは一緒やけえ」。私事だが異動で年明けから広島を離れることになった。外からになるが、執念の4年目にも注目したい。【広島担当=池本泰尚】

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

カープの将来を担う正捕手候補、『坂倉将吾』がにじませるギラギラ感

目標としていた開幕一軍入りはならなかった。広島の将来を担う正捕手候補として、日に日に評価を増している坂倉将吾。 強肩、強打に加えて俊足も兼ね備えた攻守走そろった捕手は、高卒2年目ながらキャンプ、オープ …

黒田博樹から受け継がれる「カープ魂」、カープを陰で支える男の証言

黒田博樹から受け継がれる「カープ魂」、カープを陰で支える男の証言

リーグ4連覇を目指す広島だが、今季は開幕ダッシュに失敗。一時は借金が8になるなど苦しんだ。それでも徐々に本来の戦いを取り戻し、勝率を5割まで戻した。そんな広島を陰で支える男がいる。”上達屋”を主宰する …

北別府学さんは、キャッチボール投法だった!【川口和久コラム】

北別府学さんは、キャッチボール投法だった!【川口和久コラム】

針の穴を通すコントロール 俺がカープに入ったのは1981年だけど、当時の若手の筆頭格と言えば、投手が北別府学さん、野手が高橋慶彦さん。2人とも、まだ三篠寮にいて、2人だけが1人部屋で、ほかは2人部屋だ …