カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

一岡、江草氏と児童養護施設訪問で約束、「一岡シート」作りたい

2017年12月25日

一岡、江草氏と児童養護施設訪問で約束、「一岡シート」作りたい

広島の一岡竜司投手(26)が24日、今季限りで現役引退した江草仁貴氏(37)から大役を託されたことを明かした。

広島県福山市にある児童養護施設「こぶしケ丘学園」に約10年間訪問してきた江草氏から、一岡が来年から訪問役をバトンタッチ。さらに将来的には“一岡シート”設置にも意欲を見せた。

前日23日に江草氏と一緒に同施設を訪れ、クリスマスパーティーに参加。

子どもたちとの交流を楽しんだ一岡は「江草さんが引退してそれで終わるというのは寂しい思いもあった。子どもたちをこれからも勇気づけられるようにしたい。将来的には試合に招待できたらいいと思う」と目を輝かせた。

この日は広島競輪場で行われたトークショーに参加し「悔しい気持ちを来年にぶつけたい」と宣言。全力投球でファンの期待に応える。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

薮田×大野豊氏が対談、コイを背負って立つ「3連覇の中心にいたい」

薮田×大野豊氏が対談、コイを背負って立つ「3連覇の中心にいたい」

広島の薮田和樹投手(25)は15日、本紙評論家・大野豊氏との対談で、チームトップの投球回数を投げ抜くことで、コイの投手陣を背負って立つ覚悟を示した。 大野氏は、個性的な投球フォームを貫いて結果を残した …

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

2016年末にステージ3の胃がんと診断されたプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。半年間の抗がん剤治療を経てリハビリとトレーニングを重ね、3月に実戦への復帰を果たしました。前例のない「がんサバイ …

米大リーグで主流!「フライボール革命」は、日本の野球を変えるか?

米大リーグで主流!「フライボール革命」は、日本の野球を変えるか?

「フライボール革命」理論は、ゴロより飛球の方が長打の確率が高まるとして米球界で脚光を浴びている。 日本は犠打やゴロで走者を次の塁に進める「スモールベースボール」で世界と渡り合ってきたが、正反対の理論に …