カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2020年6月29日

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2016年以来のシーズン2発

プロ野球は28日、6試合が行われた。ナゴヤドームでは広島が10-3で中日に快勝。15安打と打線が爆発し、ルーキーの森下暢仁投手が記念すべき初勝利を手にした。打撃で目立ったのは堂林翔太だ。3安打し、5回にはバックスクリーン右に豪快なダメ押し弾を叩き込んだ。スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが豪快弾の実際の映像を公開している。

高校時代には“尾張のプリンス”とも呼ばれた男が地元で豪快な一撃だ。5回1死一塁の第3打席。フルカウントからの6球目、中日・梅津の内角カットボールを捉えた。詰まり気味にも見えたが、打球は中堅方向にぐんぐん伸びる。そして長い滞空時間を経て、バックスクリーン右に着弾した。

推定飛距離130メートルの特大弾をDAZNは「詰まり気味でもお構いなし!今年のプリンスのパンチ力は一味違う」と添えて、脚光を浴びせている。

25日の巨人戦(東京D)で1121日ぶりのホームランを放ったばかりだが、今季早くも2号。シーズン2本塁打は2016年以来、4年ぶりで、ここまで打率も.414と絶好調だ。今季29歳を迎える堂林からいよいよ覚醒の気配が漂ってきた。

【動画】つまり気味でも驚異の飛距離!「今年のプリンスは一味違う」と覚醒を予感させる、バックスクリーンへの特大弾

(※引用元 THE ANSWER

関連記事

「黒田さんと話していたようなチームに」/新井氏が語るカープの強さ

「黒田さんと話していたようなチームに」/新井氏が語るカープの強さ

ベテランも若手もなし、コミュニケーションこそが広島の強さの源 2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseba …

中村奨成「クビを覚悟しないと」、高卒3年目の来季へ…悲壮な決意!

中村奨成「クビを覚悟しないと」、高卒3年目の来季へ…悲壮な決意!

広島・中村奨が21日、高卒3年目の来季へ悲壮な決意を明かした。「そろそろクビを覚悟しないといけない年齢になった。ドラ1で入って何もしていないわけですから」。17年夏の甲子園で1大会最多の6本塁打を放ち …

菊池涼介の守備は20年間見てきた中で『断トツ!』/新井貴浩コラム

菊池涼介の守備は20年間見てきた中で『断トツ!』/新井貴浩コラム

もうすぐ2019年も終わりです。プロ野球界も本格的なオフシーズンに入りました。そんな中で大きな決断をした選手もいます。今回は、新たな挑戦の扉をたたいた“家族”のことを書きましょう。 皆さんもよくご存じ …