カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2020年6月29日

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2016年以来のシーズン2発

プロ野球は28日、6試合が行われた。ナゴヤドームでは広島が10-3で中日に快勝。15安打と打線が爆発し、ルーキーの森下暢仁投手が記念すべき初勝利を手にした。打撃で目立ったのは堂林翔太だ。3安打し、5回にはバックスクリーン右に豪快なダメ押し弾を叩き込んだ。スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが豪快弾の実際の映像を公開している。

高校時代には“尾張のプリンス”とも呼ばれた男が地元で豪快な一撃だ。5回1死一塁の第3打席。フルカウントからの6球目、中日・梅津の内角カットボールを捉えた。詰まり気味にも見えたが、打球は中堅方向にぐんぐん伸びる。そして長い滞空時間を経て、バックスクリーン右に着弾した。

推定飛距離130メートルの特大弾をDAZNは「詰まり気味でもお構いなし!今年のプリンスのパンチ力は一味違う」と添えて、脚光を浴びせている。

25日の巨人戦(東京D)で1121日ぶりのホームランを放ったばかりだが、今季早くも2号。シーズン2本塁打は2016年以来、4年ぶりで、ここまで打率も.414と絶好調だ。今季29歳を迎える堂林からいよいよ覚醒の気配が漂ってきた。

【動画】つまり気味でも驚異の飛距離!「今年のプリンスは一味違う」と覚醒を予感させる、バックスクリーンへの特大弾

(※引用元 THE ANSWER

関連記事

センバツ中止で、スカウトへの影響…仕事場消えても、腕のみせどころ

センバツ中止で、スカウトへの影響…仕事場消えても、腕のみせどころ

選手発掘の場ともなる晴れ舞台が消えた。センバツ中止。プロ野球のスカウトには、シーズン最初の「仕事場」になるはずだった。広島苑田聡彦スカウト統括部長(75)は中止が決まると、大学、社会人のオープン戦をス …

マツダスタジアムで感じる『一体感』、そのお供に必要な「目」とは?

マツダスタジアムで感じる『一体感』、そのお供に必要な「目」とは?

あれは確か、2年前の春だったと思う。 広島東洋カープの本拠地マツダスタジアムで、新井貴浩の取材をした。インタビュー前に一塁側のスタンドで撮影をすることになったのだが、その時、新井が巨体を客席に収めなが …

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

故障者続出でもカープ首位のワケ/『同世代トリオ』の競争が原動力!

リーグ3連覇を狙う広島に故障者が続出。6日のヤクルト戦(神宮)は延長11回サヨナラ負けを喫したが、それでも首位を堅守しているのはさすがだ。 ベテラン・新井貴浩内野手(41)は左腓腹筋挫傷のため開幕から …