カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2020年6月29日

堂林がついに覚醒!バックスクリーン弾「今年のプリンスは一味違う」

2016年以来のシーズン2発

プロ野球は28日、6試合が行われた。ナゴヤドームでは広島が10-3で中日に快勝。15安打と打線が爆発し、ルーキーの森下暢仁投手が記念すべき初勝利を手にした。打撃で目立ったのは堂林翔太だ。3安打し、5回にはバックスクリーン右に豪快なダメ押し弾を叩き込んだ。スポーツチャンネル「DAZN」公式ツイッターが豪快弾の実際の映像を公開している。

高校時代には“尾張のプリンス”とも呼ばれた男が地元で豪快な一撃だ。5回1死一塁の第3打席。フルカウントからの6球目、中日・梅津の内角カットボールを捉えた。詰まり気味にも見えたが、打球は中堅方向にぐんぐん伸びる。そして長い滞空時間を経て、バックスクリーン右に着弾した。

推定飛距離130メートルの特大弾をDAZNは「詰まり気味でもお構いなし!今年のプリンスのパンチ力は一味違う」と添えて、脚光を浴びせている。

25日の巨人戦(東京D)で1121日ぶりのホームランを放ったばかりだが、今季早くも2号。シーズン2本塁打は2016年以来、4年ぶりで、ここまで打率も.414と絶好調だ。今季29歳を迎える堂林からいよいよ覚醒の気配が漂ってきた。

【動画】つまり気味でも驚異の飛距離!「今年のプリンスは一味違う」と覚醒を予感させる、バックスクリーンへの特大弾

(※引用元 THE ANSWER

関連記事

森下は並の新人ではない!悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

森下は並の新人ではない!悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

【大野豊 視点】森下は3度目の登板で最も状態が良くなかった。初回先頭にいきなり四球。特に直球は抜け気味で、いつものコントロールではなかった。いろいろな要因があったと思う。 雨の影響で登板予定が変わり、 …

史上2球団目のセ3連覇へ、突き進むカープ!世代交代をデータで分析

史上2球団目のセ3連覇へ、突き進むカープ!世代交代をデータで分析

今季は投打チーム成績は抜群ではないが勝率では圧倒 広島の勢いが止まらない。セ・リーグでは巨人以外に達成したチームがなかった「リーグ3連覇」は、ほぼ確実な様相だ。この3年の広島の成績を比較しよう。 【過 …

中村奨成はもう終わったのか…の声を覆せるか?外野手転向で才能開花

中村奨成はもう終わったのか…の声を覆せるか?外野手転向で才能開花

広島・中村奨成が今季初めて一軍昇格を果たし、いきなり4月16日の中日戦で「2番・レフト」としてスタメンに名を連ねた。第3打席で鈴木博志から二塁打を放つなど、1安打2四球(出塁率.750)の活躍で期待に …