カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下は並の新人ではない!悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

2020年7月10日

森下は並の新人ではない!悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

【大野豊 視点】森下は3度目の登板で最も状態が良くなかった。初回先頭にいきなり四球。特に直球は抜け気味で、いつものコントロールではなかった。いろいろな要因があったと思う。

雨の影響で登板予定が変わり、間隔も空いた。プロでは初めてのことで、うまく試合に入っていけなかった。ぬかるんだマウンドにも苦心したように映った。

これも、いい経験になる。それに初回の2失点だけで済ませたのは、やはり並の新人ではない。2~4回も先頭打者を塁に出し、球数も増えた。雨脚が強くなった時間帯もあった。普通なら5、6点くらい取られていてもおかしくない。調子が良くない中でも粘って試合を壊さなかった点を評価したい。

守備の時間が長く、攻撃にリズムが生まれにくい展開だったとはいえ、打線は少し心配だ。本来のつながりのある攻めが、まだ見られない。前夜の勝利も終盤に堂林の本塁打で辛うじて逆転。相手先発を早い段階で崩し、投手を援護したい。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

赤ヘルをかぶっただけで…カープファンは関西でいじめられるのか!?

赤ヘルをかぶっただけで…カープファンは関西でいじめられるのか!?

まもなく終わろうとしている2019年。元号が変わったことで、何かと平成元年のことを思い出す機会が多かったのではないだろうか。ところで、広島の人々や全国のカープファンにとっては、思い出深い「元年」がもう …

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

前半戦の戦いを支えた1人が床田寛樹だ。左ヒジ手術から復帰したシーズン。春季キャンプ前から首脳陣の期待は高かったが、その期待に十二分に応える活躍でチームを引っ張ってきた。 4月6日の阪神戦(マツダ広島) …

坂倉将吾「やっぱり捕手で出たい!」、春の注目は、ポスト・會澤争い

坂倉将吾「やっぱり捕手で出たい!」、春の注目は、ポスト・會澤争い

新年の幕開けから1カ月が過ぎようとしている。プロ野球選手の正月ともいえる2月1日キャンプインまで、もうすぐ。球春がいよいよ幕を開ける。 王座奪還を目指す広島の春季キャンプメンバーが発表された。チーム作 …