カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森下は並の新人ではない!悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

2020年7月10日

森下は並の新人ではない!悪条件下で2失点、試合壊さなかった点評価

【大野豊 視点】森下は3度目の登板で最も状態が良くなかった。初回先頭にいきなり四球。特に直球は抜け気味で、いつものコントロールではなかった。いろいろな要因があったと思う。

雨の影響で登板予定が変わり、間隔も空いた。プロでは初めてのことで、うまく試合に入っていけなかった。ぬかるんだマウンドにも苦心したように映った。

これも、いい経験になる。それに初回の2失点だけで済ませたのは、やはり並の新人ではない。2~4回も先頭打者を塁に出し、球数も増えた。雨脚が強くなった時間帯もあった。普通なら5、6点くらい取られていてもおかしくない。調子が良くない中でも粘って試合を壊さなかった点を評価したい。

守備の時間が長く、攻撃にリズムが生まれにくい展開だったとはいえ、打線は少し心配だ。本来のつながりのある攻めが、まだ見られない。前夜の勝利も終盤に堂林の本塁打で辛うじて逆転。相手先発を早い段階で崩し、投手を援護したい。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

「佐々岡新監督」への疑問…防御率は改善も、投壊での負けが多かった

「佐々岡新監督」への疑問…防御率は改善も、投壊での負けが多かった

消去法だったのか。 4日、広島が佐々岡真司投手コーチ(52)に新監督の就任を要請。鈴木球団本部長は「選手を見る能力がある。人柄は言うことはない」と話した。佐々岡コーチも「前向きに考えたい」と受諾する意 …

田中広輔、9月に入って状態上向き一番も/ラストスパートに懸ける!

田中広輔、9月に入って状態上向き一番も/ラストスパートに懸ける!

最後まであきらめない。プロ7年目の田中広輔は今年、シーズン前半戦は苦しいシーズンを送っていた。8月末時点で打率も2割を切る寸前まで落ち込んだ。かつてリードオフマンとして、リーグ3連覇に貢献した姿はなく …

巨人打線を「プラン通り」に抑えた!エース・大瀬良、勝利以上の仕事

巨人打線を「プラン通り」に抑えた!エース・大瀬良、勝利以上の仕事

リーグ優勝を果たした1位チームがクライマックスシリーズ(CS)のファイナルステージを戦う難しさを、かつての巨人・原辰徳監督はこんな風に表現していた。 「相手はファーストステージで勢いがついてきている。 …