カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良を登録抹消、ウエスタンL『首位打者』の中村奨成が1軍初昇格

2020年7月25日

大瀬良を登録抹消、ウエスタンL『首位打者』の中村奨成が1軍初昇格

今季最多の借金5でセ・リーグ5位と苦しい戦いの続く広島が25日、今季の開幕投手を務め、これまでチーム最多の3勝(1敗)をマークしているエース大瀬良大地投手(29)の出場選手登録を抹消した。

大瀬良は前日24日のDeNA戦(横浜)で先発したが、初回からボールにキレがなく、2回2失点で降板していた。

広島は大瀬良とともに小窪哲也内野手(35)の登録も抹消。代わりに中田廉投手(30)と2017年夏の甲子園で大会新の6本塁打を放って広陵(広島)の準優勝に貢献し、同年ドラフト1位で広島入りした中村奨成捕手(21)を登録した。

中村奨の1軍昇格はプロ3年目で初めて。2軍のウエスタン・リーグでは18試合に出場し、本塁打こそないものの、56打数19安打の打率・339でリーグトップに立っている。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

打力より『人間力』、母校を訪ねてわかったカープ・鈴木誠也のルーツ

打力より『人間力』、母校を訪ねてわかったカープ・鈴木誠也のルーツ

「去年のオフにも、この教室に来てシチューを食べてましたよ」 『鯉のはなシアター』という番組でこれまで幾多のプロ野球選手の母校を訪ねたが、家庭科実習室の黒板やハンドソープにサインを残している選手は初めて …

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

かつての役割に未練を残す投手は、どれほどいるのだろうか。広島・中村恭が先発転向を直訴した。「元々、先発として結果が出なかった。年齢(31歳)も考えて挑戦するなら今がいいと思った」。救援に本格転向した1 …

メヒア、開幕延期期間を利用して打撃フォーム改造「飛距離も出てる」

メヒア、開幕延期期間を利用して打撃フォーム改造「飛距離も出てる」

広島・メヒアは14日、開幕延期期間を利用して取り組み始めた打撃フォーム改造に手応えを示した。投手側にバットのヘッドを向けて構えていた従来のフォームから、捕手側にヘッドを寝かせるように変更した。 「前は …