カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

首脳陣の『無策』が際立つ…エース・大瀬良が2回33球で緊急降板!

2020年7月25日

首脳陣の『無策』が際立つ…エース・大瀬良が2回33球で緊急降板!

16本もの安打を打っても勝てなかった。

広島が24日のDeNA戦でサヨナラ負け。打線の奮起で試合を優位に進めながら、6番手の一岡が1死満塁から満塁本塁打を食らった。

2点リードの九回に登板し、3四死球を与える独り相撲。投打の信頼関係にいよいよ亀裂が入りかねない、最悪の負け方だ。

敗戦ショックに追い打ちをかけたのが、大瀬良の緊急降板。2回33球で2番手のケムナにマウンドを譲ったエースは、初回から明らかにおかしかった。

直球の球速が140キロに満たず、いきなり3連打を浴びるなど2失点。二回は無失点に抑えたものの、真っすぐの球威、キレは本来のそれには程遠かった。

この日が今季6試合目の登板となった大瀬良は、6月19日の開幕戦で116球の完投勝利を挙げると、続く26日の中日戦でも132球の完投勝利。

2完投は巨人の菅野と並ぶリーグトップで、前回登板までの平均投球数は109.4球。これも菅野の115球と並んで、セの先発投手の中では突出している。

この日が象徴するように広島はリリーフ陣が脆弱で救援防御率は4点台後半。

抑えすら固定できず、いきおい先発陣には1イニングでも長く投げることがベンチから求められる。

今季はコロナ禍で満足な調整ができないまま開幕に突入しているだけに、チーム内では当初から「大瀬良に負担をかけすぎている」と故障を懸念する声が上がっていた。

そんな不安が現実になったとすれば、広島はいよいよ泥沼にはまりそうである。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

FA市場でも「赤ヘル株」急落か…チームの不振で立ち込める『暗雲』

開幕から、屈辱的な記録が続く…田中にも懸念される「不名誉な記録」

広島は2019年7月9日、ナゴヤドームで中日と対戦し3-6で敗れた。先発・山口翔投手(20)が1回5安打3失点で2回のマウンドに立つことなく降板。広島は2回以降、3人の投手を投入するも、中日打線に計1 …

最下位『低迷』のカープでも淡々と…「控え捕手」を全うする磯村嘉孝

最下位『低迷』のカープでも淡々と…「控え捕手」を全うする磯村嘉孝

『置かれた場所で咲きなさい』(幻冬舎)がベストセラーとなったのは2012年のことだから、それから時は流れ、時代は変わっているのかもしれない。今は置かれた場所で咲くことよりも、むしろ自分を咲かせやすい場 …

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

前半戦の戦いを支えた1人が床田寛樹だ。左ヒジ手術から復帰したシーズン。春季キャンプ前から首脳陣の期待は高かったが、その期待に十二分に応える活躍でチームを引っ張ってきた。 4月6日の阪神戦(マツダ広島) …