カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡監督の采配に批判が殺到…最下位低迷で「金本監督」待望論も?

2020年7月30日

佐々岡監督の采配に批判が殺到…最下位低迷で「金本監督」待望論も?

「このままチームを任せて本当に大丈夫なのか」

再び最下位に転落した広島周辺では、日増しにそんな声が大きくなっているという。

今季、2016年からリーグ3連覇を達成した緒方前監督からチームを引き継いだ佐々岡真司監督(52)だが、ここまで11勝17敗3分け。開幕から1カ月強で首位巨人には8・5ゲーム差をつけられるなど、波に乗れない。その最大の原因が佐々岡采配にある、というわけだ。

中でも、チーム防御率はリーグ5位の4・62と投手陣は壊滅状態。投手中心の守り勝つ野球を掲げながら、自ら「それができない」と頭を抱えている。広島OBで元最多勝投手の高橋里志氏は、「守護神候補だった新助っ人スコット(年俸5700万円)が6試合登板で防御率22・50と大誤算だった上に、中崎(27)や今村(29)ら実績のある救援陣が過渡期に入っている。開幕前に懸念していたことが、そのまま結果に表れてしまっています。多少の結果には目をつむって、塹江(23)や島内(23)ら、イキのいい若手に切り替えてもいいかもしれない。一部のファンからは『佐々岡じゃあ厳しい』という声を聞くのは事実ですが、シーズンは始まったばかり。性格的にも周りのコーチの意見を聞く耳もあると思うし、ここから巻き返してほしいですね」

と、今後の変わり身に期待をしているが、2―3で敗れた28日の中日戦で1点差ゲームは0勝5敗。引き分けの3試合も、すべて七回まで1点リードしながら継投失敗で追いつかれるなど、競り負けが多い。弱いチームの典型といっていい。

大瀬良酷使で抹消

さらにコロナ禍で選手の調整遅れが懸念される中で開幕を迎えたにもかかわらず、エースの大瀬良を開幕から2試合連続完投させるなど、大きな負担を強いた。そのせいもあってか、大瀬良は24日のDeNA戦を2イニングで緊急降板、翌25日にコンディショニング不良で登録抹消された。

球界OBが言う。

「投手を引っ張りすぎての継投失敗はもちろん、リリーフは日替わり起用で一貫性がなく、このままでは投手がどんどん潰れてしまう。開幕から好投を続けているドラ1新人の森下も、そのうち壊れるんじゃないかと心配になる。いくら救援陣が手薄といっても、この分業制の時代に、先発した4試合の1試合平均球数は約120球。新人ですし、7月中に再調整目的で一度、登録を抹消されてもいる。決して無理をさせるべきではない。攻撃も、チーム打率・289とリーグトップながら、初回に先頭が一塁に出塁すると、2番打者に判で押したように犠打。投手に楽に投げてもらうためにまずは先制点を、という意図もあるのでしょうが、結果的に相手投手を助けているケースの方が多い。3連覇を達成した時のような、小技、足技を使った“いやらしさ”も薄れている。投打において課題は山積みです」

ファンの間では、佐々岡監督の試合後の談話にまで批判の矛先が向けられている。24日のDeNA戦で3連投の末にサヨナラ満塁弾を浴びた一岡を「(抑えは)気持ちが強くないと。こちらが託しているのでね」と責めた際も、「采配を棚に上げて、選手のせいにするな」とケチョンケチョンだった。

阪神時代の育成法に評価

そんな中、広島周辺では、次期監督として、広島OBで阪神前監督である金本知憲氏(52)の待望論が巻き起こっているというのだ。広島は1970年代中盤の別当、森永、ルーツ監督以降、就任1年目終了時に交代した監督は皆無。近年は野村、緒方と2代続けて5年間務めた。

「佐々岡監督に対してもその方針で、契約は野村、緒方時代と同様、1年ごとに更新していくとみられる。しかし、球団内では、万が一、最下位に低迷するようなら、ファン離れが起きかねないと懸念する声があるそうです」とは、広島の地元球界関係者。

「金本氏は18年限りで阪神監督を解任されたが、後ろ盾だった坂井前オーナーが退任したことも大きかった。阪神では広島時代に培った厳しい指導方針で若手育成に心血を注ぎ、我慢強く起用した梅野が正捕手として18年から2年連続でゴールデン・グラブ賞を獲得。16年ドラフト1位で指名した大山も今季、すでに8本塁打を放つなど、才能を開花させつつある。16年5位の糸原も主に二塁で18、19年と2年連続で全試合出場した。高山、北條と伸び悩んでいる選手もいるが、広島内でも阪神時代の育成手腕を評価する声があるのも事実。広島は投打ともに若手が伸び悩んでおり、広島なら、おとなしい選手が多い阪神よりも『金本式』が生きるはずです」

広島では近年、FAで他球団に移籍した黒田博樹(ヤンキースなど)、新井貴浩(阪神)を復帰させている。FA移籍した選手をかたくなに拒むムードはない。前出の関係者は「すべては松田オーナー次第で、オーナーは佐々岡監督に信頼を置いている。短絡的な判断をせず、監督には最低5年は任せるという球団の方針はオーナーの信念でもある。ただ一方で、金本監督が就任すれば、弟分の新井のコーチ就任もセットで進められるという意見も周囲にはある。新井も将来の監督の有力候補ですから、早めに経験を積ませられるというメリットがあるというわけです」と言う。

金本氏を巡っては、阪神内でも「金本監督の育成の流れを継続していくべき」という声もあり、今後の再登板の可能性もゼロではないというが、広島が阪神より先に、オファーをかけることになるのか……。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

ショート争いに他球団も熱視線!田中VS小園の『世代闘争』が本格化

ショート争いに他球団も熱視線!田中VS小園の『世代闘争』が本格化

燕スコアラーも注目「田中広はそう簡単には定位置を譲らない」 広島の遊撃レギュラーの座をめぐる、田中広輔内野手と小園海斗内野手の“世代闘争”の行方には、他球団も注目している。 2016~18年に不動の1 …

2018年度、広島東洋カープの話題『ベスト10』トピックスを紹介

2018年度、広島東洋カープの話題『ベスト10』トピックスを紹介

2018年も間もなく終わるが、ここで編集部が独断で選んだ今年の広島東洋カープ10大トピックスを見ていこう。 1位「球団史上初のリーグ3連覇」 4月24日に首位に立つと、以降はその座を譲らず。独走でペナ …

カープ『先発10人構想』は前途多難、畝投手コーチから疑問の声が…

カープ『先発10人構想』は前途多難、畝投手コーチから疑問の声が…

4度目の正直に向けて本腰を入れている。リーグ3連覇を果たすも、いずれも日本一を逃してきた広島。昨季も投手力の脆弱さが見え隠れし、535与四球はリーグワーストだった。 投手のアラを打力でカバーしてきたが …