カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林翔太、史上初の『4割打者』へ!突然、今季ブレイクした理由は?

2020年7月31日

堂林翔太、史上初の『4割打者』へ!突然、今季ブレイクした理由は?

広島の堂林翔太内野手(28)が話題をさらっている。7月27日現在、打率3割8分9厘。史上初の4割打者に向けて邁進中だ。

“名前は聞き覚えあるけど、どんな選手だったっけ?”と首を傾げている方に少し説明しよう。

今から11年前の2009年夏、堂林はエース兼4番として中京大中京(愛知)を全国優勝に導いた。

決勝の日本文理(新潟)戦は球史に残る名勝負だった。

9回2死、6点リードで堂林はマウンドに立ったが、気の緩みか、失点を重ねて降板。1点差で辛くも逃げ切って優勝を決めた後のインタビューでは、敗戦投手のように泣きじゃくった。

「その後、ドラフト2位で広島に入団し、3年目の12年、1軍全試合に出場。150三振、29失策ながら、野村謙二郎監督が使い続けたのは、甲子園の星だったから。イケメンでカープ女子票を集め、オールスターにも選出。とにかく評価が実力に伴っていなかった」

と、スポーツ紙デスクが振り返る。

「でも翌年から右肩下がりに出場機会が減少。14年オフに六つ年上のTBSアナウンサー枡田絵理奈と結婚するも、成績降下は止まらず、夫人が“サゲマン”と揶揄されたことも。緒方孝市監督のV3時代はほとんど功績無し。ここ最近はトレード要員にすらなれず、首筋が寒い状態でした」

そんな男がなぜブレイクしているのか。

「オフに後輩の鈴木誠也に弟子入りするなど本人の心境の変化もあるでしょうが、彼のダメっぷりを記憶していない佐々岡真司新監督が出場機会を与えているのが大きい。まあ、広島レギュラー陣がV3時より弱体化しているのも確かですが」

チームが弱い時に頭角を現すタイプということか。

4割打者の可能性は、

「例年より試合が少ない今季はチャンスです」

甲子園では土壇場で詰めの甘さを露呈したけど……。

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

球団OB・黒田博樹氏の言葉励み!大瀬良、今季は大きな進化の予感

球団OB・黒田博樹氏の言葉励み!大瀬良、今季は大きな進化の予感

広島の大瀬良大地投手が5年目の今季、大きな進化を遂げようとしている。12日の阪神戦(マツダ)では7回1失点と好投し、リーグトップの5勝目。開幕投手の野村を欠く中、先発陣の中心的存在となっている。 活躍 …

前田智徳は代打としても『質、レベル』ともに傑出していた/谷繁元信

前田智徳は代打としても『質、レベル』ともに傑出していた/谷繁元信

「打ち取った」ではなく「打ち取れた」 キャッチャーとしてマスク越しに見た代打論を語っていきましょう。どういうタイプが嫌で、どういうタイプがくみしやすいのか。やっぱり、初球からしっかりタイミングを取れて …

新井カープ「ここだけの舞台裏話」/なぜ「黒田監督」でなかったか?

新井カープ「ここだけの舞台裏話」/なぜ「黒田監督」でなかったか?

ある意味で、今季のセ・リーグを面白くしてくれているのは、どんな采配をするのかあまり読めない、新井カープではないかと思う。昨季オフ、監督が佐々岡真司から黒田博樹ではなく、新井貴浩へ変わった。いま広島の街 …