カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今季6度目の1点差負け…佐々岡監督の『迷采配』で、好機を生かせず

2020年8月1日

今季6度目の1点差負け…佐々岡監督の『迷采配』で、好機を生かせず

広島がまた接戦を落とした。五回には今季初先発の巨人・畠から会沢が頭部に死球を受け、畠は危険球で退場となった。そんな絶好機も佐々岡監督の“迷采配”で生かせない。

1点を追う八回無死一塁。打席にはこの日、本塁打を放ち、打率・333の西川が入ったが、指揮官は犠打を指示。カウントが2ボールになっても、サインは変わらなかった。

1死二塁としたものの、同・246の菊池涼、同・257のピレラがあえなく凡退した。

広島は散発3安打で今季6度目の1点差での敗戦。接戦に弱いのが今季の傾向で、34試合目でいまだ1点差勝利はなし。

チーム内からは「防御率4・39の投手陣なのに、攻撃では判で押したような犠打のサインが多過ぎる。チーム打率・281はリーグトップなんだから、点を取りにいかないと」との声が上がる。

2016年からのリーグV3時代は接戦に強かったが、まるで勝てなくなってしまったのは、ベンチの責任でもある。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

カープ、悲観の必要なし!球宴までに今季の形を見いだせば/広瀬叔功

カープ、悲観の必要なし!球宴までに今季の形を見いだせば/広瀬叔功

5年ぶりに交流戦最下位に終わった広島に、日刊スポーツ評論家の広瀬叔功氏(82)が緊急提言した。 5月の快進撃がうそのように、すでに6月は負け越しが決定。それでも、セ・リーグでは首位巨人に1ゲーム差の2 …

史上2球団目のセ3連覇へ、突き進むカープ!世代交代をデータで分析

史上2球団目のセ3連覇へ、突き進むカープ!世代交代をデータで分析

今季は投打チーム成績は抜群ではないが勝率では圧倒 広島の勢いが止まらない。セ・リーグでは巨人以外に達成したチームがなかった「リーグ3連覇」は、ほぼ確実な様相だ。この3年の広島の成績を比較しよう。 【過 …

黒田氏「ボク同様に不器用な大瀬良」、体の使い方を覚えて変わった

黒田氏「ボク同様に不器用な大瀬良」、体の使い方を覚えて変わった

メジャーリーグから古巣・広島に復帰し、黄金時代の土台を築いた黒田博樹氏(43)が昨年優勝時に続いてスポニチ本紙に特別寄稿した。 純粋に、凄いと感じる。巨人以外では初のセ・リーグ3連覇。2年前まで一緒に …