カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

野村謙二郎氏、広島の選手もベンチも準備不足だった3回の丸のバント

2020年8月3日

野村謙二郎氏、広島の選手もベンチも準備不足だった3回の丸のバント

1―1の3回、無死一、二塁の守り。丸のバントを松山が一塁へ悪送球して、これが決勝点となった。松山も、ベースカバーに入った菊池涼も想定外だったようで一歩目が遅れていた。

けん制球を入れることもなかったバッテリー、バントもあると指示しなかったベンチ…。当たっていない丸の現状や岡本の好調さを考えれば、原監督が犠打を選択する可能性は十分にあったはずだが、チームとして準備、確認作業ができていなかった。

投手陣全体の低調ぶりが目立っているが、やるべきことがしっかりとやれていないようにも映った。不必要な失点まで重ねてしまっている。

床田は本来の姿ではなかった。丸のバントの直前、無死二塁で坂本に3ボールから内角の厳しいところに真っすぐを2つ決めてフルカウントまで持ってきたのに、最後はまた“打たれたらどうしよう”みたいな完全なボール球で四球。

悪い結果ばかりをイメージしすぎていて、良さである大胆さが消えていた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

チーム崩壊のピンチを免れたカープ、會澤翼の『残留』がもたらす意義

チーム崩壊のピンチを免れたカープ、會澤翼の『残留』がもたらす意義

争奪戦が予想された広島・會澤翼のFA去就だったが、意外にも早く”残留”という形で決着した。広島の精神的支柱である會澤の下した結論に、球団やファンだけでなく、チームメイトも安堵し …

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

交流戦を前に、ダンゴ状態のセ・リーグから頭一つ抜け出そうかという状態の広島(24日終了時点で2位巨人と4.5差)。ここまで、鈴木誠也や丸佳浩、野村祐輔といった主力選手を欠く場面がありながらも、この位置 …

野村監督の部屋には、二軍選手の成績や内容までギッシリ書かれていた

野村監督の部屋には、二軍選手の成績や内容までギッシリ書かれていた

広島の2016年からのセ・リーグ3連覇は、丸佳浩(現巨人)、菊池涼介、田中広輔、鈴木誠也といった生え抜きの主力がチームを牽引した。監督は緒方孝市だが、若かった彼らを二軍から一軍に引き上げ、我慢強く起用 …