カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

黒田氏が緊急提言…苦境打破&投手再生へ、誠也キャプテンで攻撃的に

2020年8月4日

黒田氏が緊急提言…苦境打破&投手再生へ、誠也キャプテンで攻撃的に

開幕から1カ月半が経過し、広島は大方の予想に反して最下位に低迷する。主要因は投手陣。抑えを含む救援陣の不安定さが1点差試合の0勝6敗に表れる。この現状をどう見ているのか、OBで日米通算203勝を誇る黒田博樹氏(45)を電話取材した。苦境打破と投手再生へ、同氏は「鈴木誠也をキャプテンに攻撃的な野球を」と緊急提言した。(構成・江尾卓也)

《スポニチ独占インタビュー》

――ここまでのカープの戦いをどう見る?

「ファンの皆さんと同じで、チーム力を考えれば今の順位はちょっと予想外ですね」

――チーム防御率(4・46)が示す通り、投手陣が苦しい。とりわけ中継ぎ、抑え。ただ、勝ちパターンの整備には時間がかかる。

「当然そうです」

――何か打開策は?

「リリーバーが投げながら技術を上げるのは難しい。でも、メンタル面から技術が向上することは多々ある。そう考えると、僕の個人的な意見ですが、今できるのは攻撃的な野球を展開し、投手が打者だけに集中しやすい環境をつくることかな…と。幸いにチーム打率(・281)がリーグトップの打線を持っていますから」

――なるほど。

「チーム防御率は4点台半ば。単純に考えれば5点取らないと勝てない。ならば、持ち前の攻撃力や得点力でカバーする。少々打たれながらでも経験を積むことで、若い投手たちの中から救世主になる人材が台頭するかもしれません」

――今は打線が投手陣を助ける時だ…と。

「後ろの整備と言っても簡単にはできないので、現時点で取れる手段はそれかな…と。3連覇の時も他球団に負けない攻撃力がありましたよね。失点しても逆転する。1点、2点よりもビッグイニング。そういう試合を重ねることで、リリーバーは余裕を持って投げられると思いますし、結果を積み重ねれば自信につながり、力になると思います」

――打線では鈴木誠がチームで唯一全試合に出場し、主砲の働き。

「誠也がキャプテンという意識を持って引っ張れば、チームの雰囲気は変わるんじゃないですか? 侍ジャパンで4番を務め、名実ともにチームの顔になった。明るいキャラクターも持っている。部外者が見た勝手な意見ですけど、投打に若いチームなので、彼がキャプテンとして引っ張るのも現状打破には面白いと思います」

――他球団には若いキャプテンが多数いる。

「カープはキャプテン制を敷いていませんが、他球団は若い世代がそのポストで引っ張っていますからね」

――加えて経験のある選手の支えも必要。

「もちろんです。誠也を、主力で経験のあるアツ(会沢)やキク(菊池涼)、(田中)広輔らがフォローし、バックアップする。それが現時点でベストではないか…と個人的には思いますね。彼らは投手への気配りができるし、僕自身も現役時代はマウンドで彼らにたくさん助けてもらいましたから」

――巻き返しに期待。

「もちろん。誠也を中心とした持ち前の攻撃力と、佐々岡監督が掲げる一体感を持って戦っていけば、投手力の整備につながり、現状打破に結びつくのでは…と、個人的に期待しています」

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

4連覇はダメでも……、「日本一」へ!CSへ出場できた場合、見る夢

4連覇はダメでも……、「日本一」へ!CSへ出場できた場合、見る夢

サヨナラ勝利の意味合い 9月19日のDeNA戦(横浜)で7点リードをひっくり返されてサヨナラ負けし、今季、広島が目指した4連覇の夢はついえた。4連覇を逃したことに関する分析は『週刊ベースボール』本誌1 …

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

床田寛樹、『安定感』で先発ローテーションを死守/後半戦のキーマン

前半戦の戦いを支えた1人が床田寛樹だ。左ヒジ手術から復帰したシーズン。春季キャンプ前から首脳陣の期待は高かったが、その期待に十二分に応える活躍でチームを引っ張ってきた。 4月6日の阪神戦(マツダ広島) …

カープは3連覇&日本一へ団結、10ゲーム差の「苦しい年」を越えて

カープは3連覇&日本一へ団結、10ゲーム差の「苦しい年」を越えて

「広島は強かった」――。 2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10ゲーム差をつけての連覇は“圧勝”と言える。ただ、チーム内に「圧勝」と感 …