カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鯉のドクターK・島内、圧巻の5者連続三振!リーグトップの奪三振率

2020年8月12日

鯉のドクターK・島内、圧巻の5者連続三振!リーグトップの奪三振率

公式戦(8月11日、カープ1-8中日、マツダスタジアム)

広島は、11日の中日戦で1―8と完敗した中、3番手で登板した島内颯太郎投手(23)が2回無安打5奪三振と光った。これで7試合連続での無安打無失点となり、奪三振率14・44は、今季10試合以上登板した投手ではリーグトップ。直球自慢の大卒2年目右腕が「勝ちパターン」入りへ評価を上げている。

面白いように三振を奪う。1―4の6回から登板した島内は、淡々とした表情とは裏腹に、打者6人に5奪三振と圧倒した。1イニング目の6回に福田をフォークで空振り三振、福谷は直球で見逃し三振。上位打線を迎えた7回も、京田、根尾、阿部を3者連続三振と寄せ付けず、2イニングで5者連続となった。「直球と変化球を同じ感覚で投げられた。一人一人に自分の球を投げようと思った」。最速152キロの直球と130キロ台後半のフォークを軸に手玉に取った。

奪三振率14・44は、今季10試合以上登板した投手では、リーグトップと驚異的だ。全て救援登板の今季11試合で、2奪三振以上が8試合。失点したのは、6失点(自責5)した7月15日の巨人戦のみと安定感も出てきた。

開幕1軍を逃し、投手の強化指定部門として新設された「2・5軍」で指導を受けた。「(球の回転軸などを計る)ラプソードを使って、データと照らし合わせながらできたのが良かった」。この新たな視点が生きた裏には、父親と二人三脚で築き上げた土台がある。父・賢二さんは、投手として社会人野球を経験し、ダイエーのプロテストを受けたこともある実力者。学生時代は、連日ふたりで投球映像を見ながら議論を交わすほど、父の視点を頼りに投球フォームを作り上げてきた。

そんな父親との師弟関係は、今も変わらない。大卒1年目の昨季は、25試合に登板するも1、2軍を行き来する悩める日々。自ら撮影したシャドーピッチングの動画を父に送って意見を求めた。

「父は、学生時代からずっと見てくれているので、どこかがおかしい…となればすぐに気付いてくれる。2人になれば野球の話ばかり。僕は、父から野球を教わりました」

劣勢での登板が続く中、佐々岡監督は「いろいろと試してみたい」と“勝ちパターン入り”も視野に入れるほど評価は高まっている。「だんだんといい場面で投げさせてもらっている。勝ちの展開で投げられるようにしたい」。三振を奪い続ける姿は、緊迫した終盤戦でこそ映える。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

緒方監督、ファンに恩返し誓う「今度こそ、日本一を勝ち取りたい」

緒方監督、ファンに恩返し誓う「今度こそ、日本一を勝ち取りたい」

公式戦(9月21日、カープ5-7阪神、マツダスタジアム) 広島が21日の阪神戦の終了後に優勝セレモニーを行った。優勝ペナントとトロフィーの授与式の後、緒方監督がマツダスタジアムのファンに2年連続8度目 …

丸がセ単独トップ5号V撃!ジョンソン8回2失点で東京D『初白星』

丸がセ単独トップ5号V撃!ジョンソン8回2失点で東京D『初白星』

公式戦(4月14日、カープ3-2巨人、東京ドーム) 広島の丸佳浩外野手(29)が3回にセ・リーグ単独トップの5号決勝3ランを放ち、4連敗中だった“天敵”巨人・田口を沈めた。 2死一、二塁から直球を豪快 …

3年ぶり6連敗も悪いことばかりでは…27年ぶり『地元V』が濃厚!

3年ぶり6連敗も悪いことばかりでは…27年ぶり『地元V』が濃厚!

公式戦(9月11日、カープ4-5DeNA、マツダスタジアム) 広島はDeNAに4―5で敗れ、3年ぶりとなる6連敗。球団史上初となる3連覇へ向けた優勝マジックは試合前の「9」から変わらなかったが、最短V …