カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今季6度目の2桁得点で2連勝!堂林『再加速』11号&5戦連続打点

2020年8月22日

今季6度目の2桁得点で2連勝!堂林『再加速』11号&5戦連続打点

公式戦(8月22日、カープ10-4巨人、マツダスタジアム)

広島は今季6度目の2桁得点で首位巨人から10得点を奪って2連勝。借金を5に減らした。

前日から3番に起用された西川が2試合連続となる先制打を放った。初回1死二塁、巨人先発・畠の外角球を右前へ。二走・菊池涼が本塁へ飛び込むと、送球が大きく逸れて2試合連続の先制に成功した。

1-1の3回には打者一巡の猛攻で一挙6点を挙げた。4四球を選び押し出しで勝ち越すと、なおも1死満塁、5番・堂林が巨人2番手・田中豊から2点適時打を放ち、続くピレラも適時内野安打。

会沢にも中越え適時打が飛び出し、さらに一死満塁、大瀬良の一ゴロの間に1点を追加し、この回3安打6四球で大量リードを奪った。

7-2の4回には堂林がバックスクリーンへ11号2ラン。さらに会沢が8月7日阪神戦以来の4号ソロを放ち、10―2とさらにリードを広げた。堂林は一時調子を落としていたが、これで18日DeNA戦から5試合連続打点と“再加速”。笑顔で大勝を呼びこんだ。

先発の大瀬良は8回5安打2失点で今季5勝目。8回の満塁機には4番・岡本を空振り三振に仕留めるなど気迫の投球を披露し、本拠地の巨人戦では14年の初対戦から6勝0敗と白星を重ねた。

巨人は先発・畠が3回には4四球を許すなど制球が乱れ、2回1/3を5四死球5失点と崩れた。地元・広島で5度目の登板となったがまたも白星ならず。5投手で10四死球10失点と乱調となった。

打っては2回に丸が古巣本拠・マツダでは移籍後初アーチとなる12号同点ソロ、3回にも三塁打を放ち中島の遊ゴロの間に2点目のホームを踏んだ。

9回には前日1軍初出場を果たしたモタが来日初安打となる2ランを放ち2点を返したが、大量失点を取り戻すことはできず2連敗を喫した。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

九里が4回を投げ、今季ワーストタイの9安打6失点「防げた失点も」

九里が4回を投げ、今季ワーストタイの9安打6失点「防げた失点も」

公式戦(9月21日、カープ3-10巨人、東京ドーム) 先発した広島九里亜蓮投手(29)が4回を投げ、ともに今季ワーストタイの9安打、6失点で降板した。 初回に田中広の先制2ランで援護点をもらいながらも …

クリーンアップ躍動で、『M29』!丸が先制弾、誠也&松山も適時打

クリーンアップ躍動で、『M28』!丸が先制弾、誠也&松山も適時打

公式戦(8月19日、カープ9-7DeNA、横浜スタジアム) 広島は丸、鈴木、松山のクリーンアップが躍動。終盤にリリーフ陣が追い上げを許したが何とか逃げ切り、優勝マジックを28に減らした。 初回1死二塁 …

野間が1号逆転『満塁弾』!インタビュー途中で、誠也が祝福の水かけ

野間が1号逆転『満塁弾』!インタビュー途中で、誠也が祝福の水かけ

公式戦(5月19日、カープ5-2ヤクルト、マツダスタジアム) 19日のヤクルト戦に「6番・中堅」で先発出場した広島の野間峻祥外野手(25)が値千金の1号逆転満塁本塁打を放って、チームの勝利に貢献した。 …