カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

2020年8月24日

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

不振をスランプと捉えるか、実力と受け止めるか。広島・小園海斗内野手(20)は、現状を潔く認めて精進する。

高卒1年目だった昨季、一時打率3割を超えても、2割台前半にまで落ち込んでも、「調子とかを語れるレベルではないですよ」と一貫していたことを思い出す。

今季は、ウエスタン・リーグ34試合で打率・190(24日時点)。「ここまで打てないのは、いままでになかったですね。なんでかな…という思いもありますけど、そんなにうまくいく問題ではない」。人生初と言う長期間の低迷もまた、力不足が招いた結果と受け入れている。

水本2軍監督は言う。「去年の1、2軍での打率と今年の打率は同じぐらい。だったら、それが実力だということ」。昨季1軍で打率・213、2軍で同・210だった。高卒1年目で遊撃に定着した潜在能力は疑いようがないとはいえ、優先的に1軍から声がかかるほどの実績はない。ならば、2軍で結果を残す以外に道はない。

焦りは打撃内容に表れる。「1軍のこととかが頭にちらつくと、結果を求めて力んだり、体が開いたり…。打席の中でリラックスできないことにつながっていました」。さらに、同学年のドラフト7位で同じ内野手の羽月が1軍に定着。アマチュア時代から同世代の先頭を走ってきただけに、これまでにはなかった感情と向き合う日々が続く。

「やっぱり悔しいですね。自分も同じチームメートとして1軍で一緒にやりたい。この気持ちをいい方向に持っていきたい」

今季初昇格した中村奨、羽月、大盛は、いずれも2軍打率3割以上を残していた。「打てないと上がれないのは当たり前。難しいですけど、継続して結果を残せば、状態を見ていただけるはず。結果を残すしかない」。奇しくもライバルが示したように、打てれば1軍に上がれるのだ。

昨年6月、緒方前監督は、交流戦最下位と下降線に入ったチームに「新しい風を吹かせたい」と、2軍戦打率・189だった小園を緊急昇格させた。最下位に苦しむ現状に、初々しく駆け回っていたあの姿が恋しくなる。理想と現実の狭間で、小園もその周囲も思い悩む。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

菊池涼介、コロナ禍の心境語る「今はすべてに正しい答えなんてない」

菊池涼介、コロナ禍の心境語る「今はすべてに正しい答えなんてない」

広島菊池涼介内野手(30)が12日、マツダスタジアム隣接の屋内練習場で分離練習に参加した。プロ野球は前日の12球団会議で6月半ばから下旬の開幕を目指す方針を定め、来年開催予定だった第5回ワールド・ベー …

2019年プロ野球、去り行く戦士たち広島カープ(#10)岩本貴裕

2019年プロ野球、去り行く戦士たち広島カープ(#10)岩本貴裕

広島・背番号10 岩本貴裕 多くの引退発表があった2019年のプロ野球。引退者の中にはチームの主力として長年に渡り貢献を続けたレジェンド達も含まれた。ファンに愛され惜しまれながらもチームを去り行く戦士 …

今村と「カープ女子」ゴルファー佐伯が熱愛!昨年から家族公認の交際

今村と「カープ女子」ゴルファー佐伯が熱愛!昨年から家族公認の交際

プロ野球広島の今村猛投手(28)と女子プロゴルファーの佐伯三貴(35)が真剣交際していることが11日、わかった。サンケイスポーツの取材に双方が交際を認めた。2人は3年ほど前に共通の友人を通じて知り合い …