カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

2020年8月24日

理想と現実の狭間で…小園は「いままでになかった」と、2軍で不振に

不振をスランプと捉えるか、実力と受け止めるか。広島・小園海斗内野手(20)は、現状を潔く認めて精進する。

高卒1年目だった昨季、一時打率3割を超えても、2割台前半にまで落ち込んでも、「調子とかを語れるレベルではないですよ」と一貫していたことを思い出す。

今季は、ウエスタン・リーグ34試合で打率・190(24日時点)。「ここまで打てないのは、いままでになかったですね。なんでかな…という思いもありますけど、そんなにうまくいく問題ではない」。人生初と言う長期間の低迷もまた、力不足が招いた結果と受け入れている。

水本2軍監督は言う。「去年の1、2軍での打率と今年の打率は同じぐらい。だったら、それが実力だということ」。昨季1軍で打率・213、2軍で同・210だった。高卒1年目で遊撃に定着した潜在能力は疑いようがないとはいえ、優先的に1軍から声がかかるほどの実績はない。ならば、2軍で結果を残す以外に道はない。

焦りは打撃内容に表れる。「1軍のこととかが頭にちらつくと、結果を求めて力んだり、体が開いたり…。打席の中でリラックスできないことにつながっていました」。さらに、同学年のドラフト7位で同じ内野手の羽月が1軍に定着。アマチュア時代から同世代の先頭を走ってきただけに、これまでにはなかった感情と向き合う日々が続く。

「やっぱり悔しいですね。自分も同じチームメートとして1軍で一緒にやりたい。この気持ちをいい方向に持っていきたい」

今季初昇格した中村奨、羽月、大盛は、いずれも2軍打率3割以上を残していた。「打てないと上がれないのは当たり前。難しいですけど、継続して結果を残せば、状態を見ていただけるはず。結果を残すしかない」。奇しくもライバルが示したように、打てれば1軍に上がれるのだ。

昨年6月、緒方前監督は、交流戦最下位と下降線に入ったチームに「新しい風を吹かせたい」と、2軍戦打率・189だった小園を緊急昇格させた。最下位に苦しむ現状に、初々しく駆け回っていたあの姿が恋しくなる。理想と現実の狭間で、小園もその周囲も思い悩む。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

上本崇司が盛り上げ役に、再名乗りを上げる「僕にかなう奴はいない」

上本崇司が盛り上げ役に、再名乗りを上げる「僕にかなう奴はいない」

広島上本崇司内野手(30)が盛り上げ役に再名乗りを上げる。 昨季わずか3試合だった先発出場が今季14試合に増えるなど、主力の代役を担った。8月28日阪神戦(マツダスタジアム)ではプロ初のサヨナラ打を放 …

上本崇司、守備のみに終わることが多く…「反骨心」打撃練習を変えた

上本崇司、守備のみに終わることが多く…「反骨心」打撃練習を変えた

広島上本崇司内野手(29)が23日、マツダスタジアムでの練習後に「反骨心」を胸に日々取り組んでいると明かした。 これまで内外野守れるスペシャリストとして存在感を発揮してきた。 しかし、昨年まで紅白戦な …

林晃汰の『ご近所さん』が五輪初代女王、ロス五輪で金メダル共演か?

林晃汰の『ご近所さん』が五輪初代女王、ロス五輪で金メダル共演か?

日本中を熱狂に包み込んだ東京五輪では、数多くのニューヒーロー&ヒロインが誕生した。 新競技のスケートボード・パーク女子で金メダルを獲得した四十住(よそずみ)さくら(19=ベンヌ)もそのうちの1人。広島 …