カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

我々はなぜ『あの涙』に心動かされたのか…上本がいる幸せを考える

2020年9月22日

我々はなぜ『あの涙』に心動かされたのか…上本がいる幸せを考える

突然だが、あなたの贔屓のチームに上本崇司はいるだろうか。「はい」と答えたあなたはカープファンであろう。もしあなたが阪神ファンだった場合、上本は上本でもそれは上本博紀である可能性が高いので、今一度確認してもらいたい。

私が唐突にこのようなことを聞くわけは、「果たして上本崇司はカープファン以外からどのように見られているのか?」ということがふと気になったからだ。たとえばこれが鈴木誠也とか、森下暢仁とかであれば何となく予想はできる。そのイメージは敵味方の違いこそあれ、恐らくカープファンが抱く印象と大きく変わらないはずだ。しかし上本崇司はどうだろうか。カープファンが知っている上本の魅力が、他球団のファンには伝わっていないのではないだろうか。ということで、他球団ファンに向けて上本崇司をプレゼンテーションしてみたい。

まるで仕事と私生活とを分ける本職のお笑い芸人のよう

上本崇司の印象とは何か。高校野球ファンならば、「兄・博紀とともに、兄弟で甲子園先頭打者本塁打を放った広陵の一番打者」という印象が強いかも知れない。大学野球ファンならば、2011年の明治神宮大会決勝で愛知学院大学を下し、優勝を決めた明治大学の二番打者という印象が残っているだろうか。

上本は明治大学4年時の2012年、ドラフトでカープから3位指名を受けて入団した。背番号は0。入団時に一桁(0を一桁に含めるかは疑問だが)の背番号を付けるのは、カープでは異例のことだ。カープの歴代0番は長嶋清幸、高信二、木村拓也、井生崇光、そして上本の5人のみで、このうち入団時から0を背負ったのは上本しかいない。比較的歴史の浅い背番号00でさえ現在の曽根海成で9人目であることを考えれば、「背番号0」というのはある意味期待の込められた、重みのある数字だということができる。それは「小柄だが俊足で守備がうまく、複数ポジションを守れるユーティリティープレイヤー」という期待であり、上本はまさに適任と思われた。

1年目の2013年から、「守備固めと代走要員」としての出場が主であった上本。打撃に関して言えば、プロ8年間の通算成績が打率.170、打点5、本塁打0(2020年9月20日現在)というところから察してもらえればと思う。守備もうまいのだが、なぜか肝心なところでポカをすることもあり、例えば2018年7月21日の巨人戦では9回にタイムリーエラーを犯して試合後の挨拶で土下座するシーンも見られた。

この土下座も含めて、上本が話題になるのは、大抵プレーではなくパフォーマンスの部分であるように思う。オフシーズンに小学校で開催された野球教室に参加し、給食を鼻から食べようとして小学生から冷笑される上本。降雨ノーゲームとなった球場で、新井貴浩のユニフォームを着てモノマネをする上本。パンチパーマから坊主へと目まぐるしく髪型が変わる上本。2018年には、巨人戦で逆転3ランを放ちヒーローインタビューを受ける野間峻祥の「通訳」としてお立ち台に登壇し、野間の代わりに「最高でーす!」と叫んだ(そして後から上層部に怒られ、Tシャツのネタとなった)。一方で普段の生活ではシャイで口下手と本人が語っており、まるで仕事と私生活とを分ける本職のお笑い芸人のようでもある。このように上本はチームのムードメーカーとしての印象が強く、多くのカープファンもその認識なのではないだろうか。

「あの涙」に我々があそこまで心を動かされた理由

ここまで書いてきて、果たして他球団ファンに伝えたい上本の魅力とは、ただ単にお笑い要員であるということだけなのだろうかと考えた。もしそうだとするならば、「あの涙」に我々があそこまで心を動かされた理由の説明がつかないのである。

「あの涙」とは。今年8月28日の阪神戦、3-3で迎えた9回裏の1死一、二塁のチャンスで打席に立った上本が、プロ初となるサヨナラヒットを放った時の涙である。上本は見たこともないくらい、顔をグシャグシャにして泣いた。それは直前の9回守備で悪送球をしてしまったことも影響していたかも知れない。しかし、恐らく上本が泣いた理由はそれだけではなかった。

これまで打撃改善に取り組み、スイッチヒッターにも挑戦し、それでも結果が出ない厳しさ。外野を含めて様々なポジションに挑戦し、時にエラーをしてしまう悔しさ。カープファンは、上本がただ単にふざけているだけではなく、必死に努力をしている姿も知っている。それは佐々岡監督の「スタメンでなかなか結果が出ない中、いじられながらも必死でやっていたから、あの涙なんだと思う」(スポニチアネックス・2020年8月29日)というコメントからも分かる。

プロ野球は結果が全ての世界だ。華々しい結果を残している選手がふざけたパフォーマンスをしても、それは単なる笑いとして受け取られる。しかしなかなか結果が伴わないムードメーカーの、本人にかかるプレッシャーは想像以上に大きいのではないだろうか。だからその選手の努力が報われた場合、喜びは格別のものとなる。カープファンにとって上本崇司とはそのような存在だと思う。

水掛け要員ではなく、通訳でもなく、自分の活躍で初めてお立ち台に上がった上本のヒーローインタビューは、聞いているファンの側も少し面映ゆく、しかし何よりも嬉しいものであった。贔屓のチームにそのような存在がいるということの幸せを、今一度かみしめていたい(そして願わくばプロ初本塁打も見たい)。

(※引用元 文春オンライン

関連記事

丸が抜けたことで、鈴木誠也はどう進化したのか?/2019年の焦点

丸が抜けたことで、鈴木誠也はどう進化したのか?/2019年の焦点

セの首位打者・鈴木誠也(打率.335、28本塁打、87打点)は、不動の四番として君臨し、終盤は三番にも入った。特に前半は孤軍奮闘の感があり、チームが6勝15敗に終わった6月の打率.220もそうだが、よ …

山崎隆造、機動力野球を体現したスイッチ2号/1980年代の名選手

山崎隆造、機動力野球を体現したスイッチ2号/1980年代の名選手

猛練習でスイッチ転向 昭和の広島黄金時代。山本浩二と衣笠祥雄の“YK砲”が打線の中軸を担い、北別府学や大野豊ら投手陣は“投手王国”と評された。そんなチームを引っ張ったのが機動力だろう。スイッチヒッター …

現役生活22年…大野豊の原点:135.00/20世紀・不屈の物語

現役生活22年…大野豊の原点:135.00/20世紀・不屈の物語

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 テストを受けて広島へ 勝ち星や本塁打のように、積み上が …