カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村祐太が『887日』ぶりの白星!誠也は5年連続20本塁打を達成

2020年10月4日

中村祐太が『887日』ぶりの白星!誠也は5年連続20本塁打を達成

公式戦(10月4日、カープ6-4ヤクルト、神宮球場)

広島が6―4でヤクルトを下して今季3度目となる3連勝。8月の巨人戦以来今季2度目の同一カード3連戦3連勝を飾り、借金を10に減らした。5位を争う広島との直接対決3連戦に3連敗を喫したヤクルトは、リーグ一番乗りの今季50敗目。今季ワースト更新の借金16となった。

広島は初回に2死一、三塁のチャンスをつかみ、捕逸で先制。1―1で迎えた3回には田中広の9試合ぶりとなる7号ソロで勝ち越した。

5回には田中広の右越え二塁打から会沢の右前2点適時二塁打、長野の中前適時打で3点を追加。5―2で迎えた7回には鈴木誠が5年連続20本塁打達成となる4試合ぶりのソロ弾を左中間スタンドに叩き込んで突き放した。

投げては今季3度目の先発となった中村祐が5回3安打1失点と好投。2018年5月1日の巨人戦(マツダ)以来887日ぶりのプロ通算9勝目をマークした。

今季初登板だった9月20日のヤクルト戦(神宮)でいきなり25年ぶりプロ野球タイ記録となる初回先頭打者から浜田、青木、山田哲に3者連続本塁打を浴びると、5回途中には左足がつるアクシデントにより降板。

9月27日のDeNA戦(マツダ)でも梶谷に初回先頭打者アーチを被弾し、2試合連続での初回先頭打者アーチ被弾は球団では1979年の北別府学以来41年ぶりという不名誉な記録を樹立したが、3度目のマウンドで待望の白星をつかんだ。

ヤクルトは0―1で迎えた2回、先頭・西田の2試合連発となる6号ソロで一度は同点としたが、先発したドラフト2位ルーキー右腕・吉田喜が5回途中5失点KO。

6回には主砲・村上に2年連続20号となる右越えソロ、9回には代打・中山に左越え4号2ランが飛び出したが及ばず、空砲に終わった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

快勝!DeNA戦5戦5勝!堂林2年ぶり弾、森下7回無失点で3勝目

快勝!DeNA戦5戦5勝!堂林2年ぶり弾、森下7回無失点で3勝目

公式戦(4月23日、カープ6-0DeNA、マツダスタジアム) 広島が、投打でDeNAを圧倒した。3回には今季初1番で起用された堂林が、20年10月30日の中日戦(ナゴヤD)以来540日ぶり、本拠マツダ …

8回に5点、9回に5点で大逆転勝ち!パットンから堂林、會澤が連弾

8回に5点、9回に5点で大逆転勝ち!パットンから堂林、會澤が連弾

公式戦(7月26日、カープ10-6DeNA、横浜スタジアム) 広島が6点ビハインドから8回に5点、9回に5点を取って10―6で劇的な逆転勝ち。連敗を2で止めた。6点差をひっくり返されたDeNAは連勝が …

丸がセ単独トップ5号V撃!ジョンソン8回2失点で東京D『初白星』

丸がセ単独トップ5号V撃!ジョンソン8回2失点で東京D『初白星』

公式戦(4月14日、カープ3-2巨人、東京ドーム) 広島の丸佳浩外野手(29)が3回にセ・リーグ単独トップの5号決勝3ランを放ち、4連敗中だった“天敵”巨人・田口を沈めた。 2死一、二塁から直球を豪快 …