カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

交流戦「一人負け」、残り6戦巻き返しへ…識者が挙げる、期待の若手

2022年6月7日

交流戦「一人負け」、残り6戦巻き返しへ…識者が挙げる、期待の若手

今年の交流戦はセリーグの健闘が目立つ。2022年6月7日試合前時点でヤクルト、阪神、中日が1~3位に位置し、巨人とDeNAも借金がない。そうした中、取り残されているのが広島だ。3勝9敗と大きく負け越し、交流戦最下位に沈んでいる。

識者は不調にあえぐベテラン勢に代わり、ファームにいる若手を起用しても面白いと指摘する。

中村奨成昇格は「正直遅いぐらい」

広島は開幕6連勝を飾るなど幸先良いスタートを切り、交流戦前までは25勝19敗2分と好位置をキープ。不動の4番・鈴木誠也が抜けた穴は大きく、シーズン前の下馬評は低かったが、新外国人のマクブルームが「つなぎの4番」でフォア・ザ・チームに徹した。

坂倉将吾、西川龍馬と巧打者たちの勝負強さも光り、強力打線を形成した。投手陣は大瀬良大地、九里亜蓮、森下暢仁、床田寛樹、アンダーソン、遠藤淳志の先発ローテーションできっちり試合を作ってきたが、交流戦に入ると投打の歯車が狂い始めた。

ロッテ戦に1勝2敗と負け越すと、2カード目のソフトバンク戦で3連敗。3試合で計26失点と投手陣が崩壊し、打線も計1得点のみと圧倒された。オリックス戦でも本拠地・マツダで同一カード3連敗を喫するなど精彩を欠く戦いぶり。最近の登板で状態が上がらない大瀬良、左足首を痛めた西川が22年6月5日に登録抹消された。

明るい材料は若手の台頭だ。プロ5年目の中村奨成は今季開幕2軍スタートだったが、5月31日に1軍昇格すると、同日の日本ハム戦(マツダ)から6試合連続スタメン出場。好調の打撃を買われて3番で起用され、捕手と外野の「二刀流」で打率.321と好調をキープしている。

「中村奨を1軍に上げたタイミングも正直遅いぐらいです。広島は大盛穂、羽月隆太郎、林晃汰とイキのいい若手が多い。停滞している雰囲気を打破するためにもファームにいる彼らを1軍で起用しても面白い。ベテランの長野久義、松山竜平の調子が良くないですしね。チーム内の競争を活発にするためにも、若返りを図った方が良いと思います」(スポーツ紙デスク)

ベテランの力は長いペナントレースで必要な時期がくるが、長野、松山の状態が上がってこない状況を考えると実績にとらわれず、テコ入れを検討する必要があるだろう。(中町顕吾)

(※引用元 J-CAST

関連記事

新「勝利の方程式」!ドラフト下位指名の「ブルペンリーダー」とは?

新「勝利の方程式」!ドラフト下位指名の「ブルペンリーダー」とは?

広島カープのスカウト戦略の勝利と言えそうだ。3月18日、本拠地・マツダスタジアムで行われたオリックスとのオープン戦で、ドラフト5位ルーキー・河野佳が好投した。 1イニングを3者凡退、対外試合5戦に登板 …

若き前田智徳、進化の道半ばで『アキレス腱』を断裂…/不屈の物語

若き前田智徳、進化の道半ばで『アキレス腱』を断裂…/不屈の物語

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 首に痛みが出てから打撃は良くなる? 20世紀を知らない …

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

熱狂的応援の自粛…「V奪回」の期待が高まるカープの落とし穴とは?

即戦力ナンバーワン投手、新人王最有力候補と言われる広島ドラフト1位・森下(明大)が、初めてプロの洗礼。オープン戦最終戦のソフトバンク戦(15日=マツダスタジアム)で4回被安打7、5失点。この森下の本拠 …