カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

森浦大輔、ゆくゆくは「8回」が似合う男に!/『中継ぎ』投手の戦い

2022年6月9日

森浦大輔、ゆくゆくは「8回」が似合う男に!/『中継ぎ』投手の戦い

昨季チーム最多54試合に登板した森浦大輔が勝ちパターン入りへ、奮闘を続けている。今季は春先につまずいた。最速150キロに迫る直球を持つが、オープン戦では130キロ後半。「直球のキレがなかった」と開幕は二軍で迎えた。

一軍合流は4月22日と遅れた。とは言え、「直球のスピードも、キレも取り戻せてきた」と自信を持っての昇格。初登板こそ失点したが、以降は6月1日現在、無失点投球を続けている。昇格当初は左のワンポイントや、負け試合などの起用にとどまったものの、5月22日の中日戦(マツダ広島)では1点リードの8回に登板するなど、徐々に信頼も上げてきている。

8回はそれまで中継ぎ陣にとって鬼門の1つだった。6月1日現在、イニング別の失点数は8回が最多の37失点。中崎翔太や島内颯太郎などがその役目を期待されたが、定着には至らなかった。ともに、今はファームで調整を続けている。そんなこともあってか、森浦自身も「めちゃくちゃ意識した」と8回に登板した一戦を振り返った。佐々岡真司監督も同様に「7、8、9(回)に課題がある」と中継ぎ陣の整備を急いでいる。

現在「8回の男」に適した者はいない。相手打者やその日の調子に左右されている。森浦は「まずは与えられた場面で」と少しずつ結果を出していく意気込みだ。「ゆくゆくは(勝ちパターンにも)入りたいが、その試合、その場面をしのぐことが第一」。勝ちパターンの確立こそチーム浮上のカギを握る。大卒2年目の左腕が、その一角を担えるか。アピール、奮投はまだまだ続く。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

曽根海成「純粋にうれしいという感じではなかった…」/ドラフト当日

曽根海成「純粋にうれしいという感じではなかった…」/ドラフト当日

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「ドラフト当日」です。 広島・曽根海成内野手 ドラフト当日は、学校(京都国際高)のグラウンドで練 …

言葉の魔術師、床田の話はなぜ面白いのか?「彼の取材が楽しみで…」

言葉の魔術師、床田の話はなぜ面白いのか?「彼の取材が楽しみで…」

この男は、どんな球でも打ち返してくれる。会話のラリーは、どこまでも軽快だ。 「ハムスターを飼っていました。名前は“ひまわり”」 「マンガが好きです。とくに『ダイヤのA』」 「ボウリングのベストスコアは …

野間に「もう戦力としては厳しい」と、批判の声…佐々岡監督も失望?

野間に「もう戦力としては厳しい」と、批判の声…佐々岡監督も失望?

13日に行われたオープン戦・広島対日本ハム戦。「3-0」で広島が勝利したが、試合結果以上に話題となったのが広島のプロ8年目・29歳の野間峻祥のバント失敗だった。 両チーム無得点で迎えた8回裏。広島は先 …