カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ルーツ監督の提案「赤ヘル」!だが、生みの親はわずか15試合で退団

2022年6月21日

ルーツ監督の提案「赤ヘル」!だが、生みの親はわずか15試合で退団

昭和50年シーズンのセ・リーグを制したのは「赤ヘル」こと広島カープである。3年連続最下位から初優勝。新聞には連日「赤ヘル」の見出しが躍った。

実はスポーツ紙に初めて「赤ヘル」の見出しが載ったのは、オールスターゲームが終わり、後半戦が始まった7月25日の中日戦から―といわれている。それまでは〝赤帽旋風〟などと表現されていた。なぜ「赤ヘル」なのか。それは49年オフに就任したルーツ監督の提案だった。

「カープの選手はいいものを持っているが〝負けぐせ〟がついている。勝つ喜びを選手に持たせたい。そのためには燃えるような闘志が必要だ」

闘志を表すために帽子からアンダーシャツ、ストッキング、胸のネーム、背番号まですべてを「紺」から「赤にしろ」と球団に要請した。だが、急にいわれても無理、予算もない。とりあえず、帽子だけ…となった。だから「赤ヘル」。だが、その「赤ヘル軍団」を率いてペナントレースを戦ったのはルーツ監督ではなかった。

4月27日の阪神戦(甲子園)で掛布への松下球審のボールの判定を巡りルーツ監督が猛抗議。止めに入った竹元一塁審判に暴行し「退場」を命じられた。だが、「イヤだ!」といって出ない。重松代表が説得しなんとか退場させたものの、29日の中日戦の指揮権を放棄。ホテルにたてこもった。

「契約では現場のことは私にすべて任されている。権限を侵害された。これでは私のめざす野球ができない」

ルーツ監督はわずか15試合(6勝8敗1分け)を指揮しただけで退団した。

不思議なことに、この騒動中、コーチや選手は誰も引き留めようとはしなかった。逆に29日の指揮権放棄に対し「監督から罰金を取れ!」という声まで起こった。ルーツ監督とコーチ陣の間は最悪状態にあったのだ。

「あの男は日本人をバカにしている。機嫌が悪いと当たり散らし、オレたちコーチを召使いとしか思っていない」

あるオープン戦の試合終了後、コーチ陣は全員で外食に出かけた。門限の午後10時を少し回って宿舎に帰ると、ロビーに仁王立ちで待っていたルーツ監督が怒鳴り散らした。この夜の集合を、コーチ陣の〝造反〟と受け取っていたのだ。

写真をご覧あれ。審判につかみかかるルーツ監督を誰も制しようとはしていない。このあと古葉コーチが「監督」に昇格した。チームが一丸となったのはいうまでもない。(敬称略)

(※引用元 THE SANKEI NEWS

関連記事

矢崎と高橋昂が乱調…先発ローテ決まらない佐々岡監督「本当に残念」

矢崎と高橋昂が乱調…先発ローテ決まらない佐々岡監督「本当に残念」

エキシビションマッチ(7月30日、カープ5-10ロッテ、マツダスタジアム) 後半の先発ローテーション入りを狙って先発した広島・矢崎拓也投手は5回5安打6失点で、アピールに失敗した。4回まで上々の内容も …

2020年、広島カープ選手の人気ランキング【ベスト10】を発表!

2020年、広島カープ選手の人気ランキング【トップ10】を発表!

皆様、たくさんの投票、ありがとうございました。カープ選手の人気ランキング【トップ10】を発表します!また、全選手の詳細も載せてます。 ※総投票数:「1,645票」 人気ランキング【トップ10】 【10 …

九里がベンチで激怒?真顔の助っ人に批判、降板直後の一場面が物議…

九里がベンチで激怒?真顔の助っ人に批判、降板直後の一場面が物議…

19日に行われた広島対巨人戦。「1-3」で広島が敗れたが、試合結果以上に話題となったのが広島のプロ9年目・30歳の九里亜蓮が降板直後に見せた姿だった。 この試合、九里は3回裏に巨人・坂本勇人に3号ソロ …