カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督ピンチ!今度はコーチに不貞疑惑…「ゆるすぎ」のチーム事情

2023年1月31日

新井監督ピンチ!今度はコーチに不貞疑惑…「ゆるすぎ」のチーム事情

またもや広島カープに女性スキャンダルが飛び出した。1月30日付の「NEWSポストセブン」によると、広島の小窪哲也内野守備走塁コーチに不貞疑惑が発覚。

妻帯者にもかかわらず、県内でラウンジやバーを経営する壇蜜似の美人ママの自宅マンションに、周囲の目を気にすることなく足繁く通っているという。時には深夜まで、部屋から出てこない日もあった。

広島はここ最近、女性にまつわる不祥事を連発している。昨年10月、ドラフト1位で入団した中村奨成の中絶トラブルが発覚し、12月にも中継ぎ投手の松本竜也が複数女性と不貞関係にある、と報じられた。

遡れば、20年には菊池涼介が元交際相手から多額の慰謝料を請求される騒動を起こしている。

かつては12球団イチ練習が厳しく、真面目な選手が多かった印象の広島だが、いったい何が起こっているのか。スポーツ紙記者が語る。

「カープは16年から18年にかけてリーグ3連覇を果たし、黄金期を迎えましたが、その後は主力の丸佳浩がFAで巨人に移籍するなど大幅な戦力ダウンとなり、4年連続でBクラスが続いています。

特に20年からの佐々岡監督体制下、以前のような張り詰めた緊張感が見られず、選手もずいぶんと羽を伸ばしているように感じます。ましてや菊池のような中堅どころにまでスキャンダルが飛び出すとあっては、若手が辟易する。

新井貴浩監督にとっては、そんな緩みきったチームの引き締めが重要課題となりますが、いきなりコーチに足を引っ張られる形となって、頭が痛いことでしょう」

ファンもシラけるばかりだ。(ケン高田)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

カープに鯉、with プカチン

首脳陣は投手の気持ちも、ファンの気持ちもわかっていない

もちろん、いろんな考え方があるのはわかっている。ただ、今日ほど我慢できなかったのは久しぶりです。 勝ち負けとか、結果論ではなく、今日は最後まで大瀬良でいってほしかった。 私は大瀬良が交代となった時点で …

「球界一のノッカー」海を渡る。新天地・台湾で何を掴んでくるのか?

「球界一のノッカー」海を渡る。新天地・台湾で何を掴んでくるのか?

千賀滉大が海外FAでソフトバンクからニューヨーク・メッツへ、吉田正尚がポスティングシステムでオリックスからボストン・レッドソックスへの移籍を果たした今オフ、もうひとりの日本人が海外挑戦を決めた。 広島 …

カープが『自爆』、救えるのは新井貴浩氏だけ?来季、招へいに期待!

カープが『自爆』、救えるのは新井貴浩氏だけ?来季、招へいに期待!

リーグ4連覇どころか、目を覆うばかりの自壊ぶりの広島。緒方孝市監督(50)の去就問題が浮上してきたのは当然だろう。松田元オーナーは「もっと苦労してもらわないと困る」と来季続投を示唆。だが、チーム再建に …