カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

松山竜平、技術と経験で『鬼門』を打ち破る!/交流戦の『キーマン』

2023年5月25日

松山竜平、技術と経験で『鬼門』を打ち破る!/交流戦の『キーマン』

チーム最年長が今季、代打の切り札として随所で勝負強さを発揮する。5月12日の巨人戦(東京ドーム)。1点を追う9回一死二塁の場面で代打コールされた松山竜平は、相手守護神・大勢に対し、土壇場で同点に追いつく適時打。

延長10回に一挙6得点を奪う打線爆発につなげた。翌日の同カードでも同じく1点ビハインドの9回一死三塁の場面で、今度は二ゴロを放ち、しぶとく同点としている。

5月18日現在、代打打率.429(14打数6安打)は、セ・リーグの代打10打席以上の打者としては2位の成績で、8打点も同じく2位。「すごく状態がいいと思うし、しっかり準備もできて今の状態がある」と充実の37歳。

交流戦では指名打者制となるパ・リーグ主催試合などでスタメン出場の可能性もあり、活躍の機会は増えるはずだ。

4年連続Bクラス低迷の要因の一つが、交流戦だった。昨季は18試合制となった2015年以降で球団ワーストの(5勝)13敗で開催3年連続、通算で単独ワースト6度目の最下位。

2本塁打、33得点は、ともに16年の阪神の不名誉記録を更新した。チームとしても何度も同じ轍を踏むわけにいかない。

昨年、交流戦を制したヤクルトがリーグ優勝したように、18試合の戦いがその後を大きく左右する場合もある。まずは17年以来、6年ぶりの勝率5割超えがチームの最低ノルマだ。今年はパ・リーグを知る秋山翔吾もいる(※昨年、交流戦後に加入)。

パ投手陣を打ち崩すため、技術と経験が詰まったベテランのバットは欠かせない。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

鬼軍曹・大下剛史さんの恐怖が生んだ?初ホームラン/新井貴浩コラム

鬼軍曹・大下剛史さんの恐怖が生んだ?初ホームラン/新井貴浩コラム

前回は鬼軍曹・大下剛史さんの指導で二軍に行きたくてたまらなかったお話をしましたが、そういえば、プロ初本塁打は、大下さんのおかげと言っていいかもしれません。 6月6日、浜松での中日戦でした。私は、ヒザを …

再び暗黒時代に突入へ…なぜ、カープは急激に弱体化してしまったのか

再び暗黒時代に突入へ…なぜ、カープは急激に弱体化してしまったのか

2016年に25年ぶりのリーグ優勝を果たし、そこから三連覇を成し遂げた広島。ちなみにセ・リーグで三連覇を達成したのは巨人以外の球団では初という快挙である。だが、昨年は最後の最後で阪神に逆転されて4位と …

佐々岡監督に「二軍に落とせ」クレーム殺到…炎上続く助っ人の代役は

佐々岡監督に「二軍に落とせ」クレーム殺到…炎上続く助っ人の代役は

2日に行われた広島対ヤクルトの一戦。この試合に登板した広島の助っ人投手・スコットの投球が、ネット上の広島ファンの怒りを買っている。 「5-5」と両チーム同点で迎えた9回裏、5番手としてマウンドに上がっ …