カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

前田健太を「1度大声で怒った」!元広島コーチが新人育成方針を告白

2023年7月23日

前田健太を「1度大声で怒った」!元広島コーチが新人育成方針を告白

元広島東洋カープの山内泰幸氏がYouTube『プロ野球OBクラブチャンネル』で、ミネソタ・ツインズの前田健太投手の新人時代について語った。

■山内氏が野村氏とトーク

現役時代巨人キラーとして名を馳せ、「UFO投法」と呼ばれた独特なフォームがトレードマークだった山内氏と元横浜ベイスターズ選手の野村弘樹氏がトークをした今回の動画。話題は山内氏のコーチ時代に。

同氏は3軍コーチを経験したのち、2軍コーチを4年間務めたことを明かし、「そのときに前田健太が入ってきたんですよ」と話した。

■前田投手の1年目を語る

野村氏から「どんな選手だったの?」と質問されると、「2軍コーチ1年目に、前田健太が1年目。もう、見てなにも言うことはないでしょという感じで」と山内氏。

続けて「センス抜群で。打っても投げても走っても、同級生レベルとはまったく違う。『これはもう違うなあ』という感じでしたね」と話す。

「アドバイスをしたことは?」という質問には「丁寧に投げなさいということは言っていましたね。大きく投げなさいということを言っていましたね」と振り返った。

■1度大きな声を出して怒った

前田投手とはPL学園の先輩にあたる野村氏は「ちょっと性格的に、いい加減になりそうなタイプではあるよね?」と指摘。

すると、山内氏は「なにをやってもうまいので。そこそこ投げられるし、守備とかもうまいんですよ。だから捕り方を指示して、丁寧に捕ってくれよといったときに、ちょっとちゃらんぽらんな投げ方をしたことがあって」と振り返る。

そして「1回だけ大きな声で、マエケンを怒ったことがある。それ以外は怒ったことがないですね」と話した。

■当時の育成プランを告白

さらに山内氏は「当時カープが高卒の投手が1年目から登板して、そのあと伸びない投手が続いたんですよ。マエケンはじつは1年目はうえに上げないおこうということで。球団主導で」と告白。

続けて「前田健太を1年間1軍に上げないで、2軍のローテーションで投げさせてみようということで」と当時の事情を明かす。

野村氏からの「球数制限とかをしたの?」という質問には「球数的にはそんなに数えてなかったですけど、登板過多とか、すごく投げさせることはしなかったです」と話した。

■前田投手は「1年目から投げたかった」

山内氏は「マエケンは『1年目から1軍に行きたかった』と言ってました。同級生でマーくん(田中将大投手)がいて、マーくんは1年目から投げているので」とコメント。

そして「マエケンもメジャーに行くときにね、『あのときどうだった?』と聞いたら、『やっぱ1年目から1軍で投げたかったです。今となっては、あの1年間あったんで良かったです』と言ってくれた。それで良かったなと」と話していた。

■山内氏が前田投手の1年目を語る

(※引用元 Sirabee

関連記事

イチローが17年前に放った『30年発言』に韓国メディアが再注目!

イチローが17年前に放った『30年発言』に韓国メディアが再注目!

「(韓国、台湾などには)向こう30年、日本にはちょっと手を出せないな、みたいな、そんな感じで勝ちたいなと思っています」 これは2006年に行なわれた第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)を …

現役ナンバーワン捕手は誰?元カープ・達川光男氏が即答した選手とは

現役ナンバーワン捕手は誰?元カープ・達川光男氏が即答した選手とは

野球において“扇の要”と呼ばれ、チームの核となるのがキャッチャーだ。では現役プロ野球選手のなかで「ナンバーワン捕手」は誰になるのか。肩の強さやリード、打力など様々な評価項目があるので、ファンの間でも意 …

達川氏がプロ野球・順位予想「パはソフトバンク、セはカープが優勝」

達川氏がプロ野球・順位予想「パはソフトバンク、セはカープが優勝」

プロ野球は29日、セ・パ両リーグが開幕する。前ソフトバンクヘッドコーチで、かつて広島監督などを歴任した評論家の達川光男氏(63)にペナントレースの行方を聞いた。パはソフトバンク、セはリーグ4連覇を目指 …

Archives by Month

新着記事