カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督の心遣い…盗塁死の羽月へ的確フォロー、ナインに積極性を!

2023年7月23日

新井監督の心遣い…盗塁死の羽月へ的確フォロー、ナインに積極性を!

首位阪神をゲーム差なしで猛追する広島は、23日の中日戦(マツダ)も競り勝ち今季初7連勝。走力の重要性を説く新井貴浩監督(46)は、走塁ミスへの的確なフォローでナインの積極性をもり立てている。

勝負のポイントになったのは、開幕戦以来の1番で起用された小園海斗内野手(23)が初回に見せた好走塁だった。安打で出塁し、1死後の初球がワンバウンドするとすかさず二塁を陥れ、直後の左中間適時二塁打で先制のホームを踏んだ。

新井監督に「一瞬のスキを突いた。何かあればやってやろうというのが見える」と称えられ、本人も「ワンバウンド(で即スタートを切るの)は大事。それで1点をもぎ取れたので、これからもやりたい」と意気に感じる。

こうした好走塁と暴走は紙一重で、選手の意識が大きくものを言う。それををよく知る指揮官は、若い選手たちが失敗に萎縮しないように、さりげないフォローを怠らない。

前日22日の同カードでは、2点差に迫られた8回に1死一塁から代走の羽月隆太郎内野手(23)が盗塁死。

自分の仕事を果たせず落ち込んでいたが、一夜明けて球場入りすると指揮官の方から歩み寄ってきて、「走らせたのはこちらだし、気にするな。失敗を恐れずどんどん行け!」と励まされたのだった。

「救われました。また挑もうと思う」と羽月。こんな昨季まではなかった首脳陣の心遣いが、ミスも多い若鯉に勇気と勢いを与えている。(山戸英州)

(※引用元 夕刊フジ

関連記事

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

主力不在も、なぜ首位快走?大野豊氏「連覇の自信が投打へ好影響」

交流戦を前に、ダンゴ状態のセ・リーグから頭一つ抜け出そうかという状態の広島(24日終了時点で2位巨人と4.5差)。ここまで、鈴木誠也や丸佳浩、野村祐輔といった主力選手を欠く場面がありながらも、この位置 …

チンピラ・誠也に追従して、野間もメンチ切り…お馴染み仲良しコンビ

チンピラ・誠也に追従して、野間もメンチ切り…お馴染み仲良しコンビ

広島東洋カープの「仲良しコンビ」といえば、鈴木誠也選手と野間峻祥選手を思い浮かべるファンも多いだろう。公私共に親しいことでも有名だ。 カープのキャンプの様子を投稿する公式インスラグラムアカウントにて、 …

カープ応援団の『起源』は、広島電鉄の運転士たち4人だった!

カープ応援団の『起源』は、広島電鉄の運転士たち4人だった!

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。 集まった …

Archives by Month

新着記事