カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

九里亜蓮、変化を恐れず上がるあこがれのマウンド/いざ、開幕投手へ

2024年3月13日

九里亜蓮、変化を恐れず上がるあこがれのマウンド/いざ、開幕投手へ

右腕の胸中に、まだ実感は湧き上がってこない。「本当に投げるのかな」。沖縄キャンプが始まって間もない2月16日、九里亜蓮は新井貴浩監督から「開幕投手は亜蓮でいく。任せたぞ」と3月29日のDeNA戦(横浜)の先発を告げられた。プロ11年目、32歳6カ月で初の開幕投手は、球団では1992年の川口和久の32歳8カ月に次ぐ年長となる。

ずっとあこがれていた栄誉あるマウンドだ。「先発をやらせていただいている以上、そこを目指してやらないといけない」。初めて規定投球回に到達した2020年オフから毎年この言葉を繰り返し、このオフは何度、口にしたか分からない。「いい準備をして、持っているものを100パーセント出し切れるように。開幕まで1日もムダにすることなく、できることをやっていきたい」と背筋を伸ばした。

昨年までは5年連続で大瀬良大地が大役を担った。その同期右腕は昨秋に右肘手術。候補には昨季チーム最多11勝の床田寛樹と9勝の森下暢仁もいた。九里は8勝ながら、リーグ最多の174回1/3でチームで唯一、一度も先発ローテを離れなかった。指揮官はその信頼とともに、「開幕にいきたい! という強い気持ちを感じた」と就任2年目の初戦を託した。

オフから、昨年のオールスターでT.バウアー(当時DeNA)に教えを請うて研究してきた新球「スプリットチェンジ」の習得にも取り組んできた。「変わらずに後悔するより、変わって結果を残せないほうが後悔しない」。変化を恐れず、念願だった初の開幕マウンドから最高のシーズンをスタートさせる。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

迷走するカープの根本的問題は、目指すべき方向性が示されないことだ

迷走するカープの根本的問題は、目指すべき方向性が示されないことだ

広島カープが迷走している。シーズン前の下馬評は決して高くなかったとはいえ、ここまで苦労するとも考えにくかった。2年前までの3連覇チームの栄華も“今は昔”か、いやいやまだまだこれからなのか……。もがく広 …

小園海斗に『飛躍』への助言…門田博光が、特徴や弱点をズバリ指摘!

小園海斗に『飛躍』への助言…門田博光が、特徴や弱点をズバリ指摘!

小園海斗(広島) 足があって、ショートを守れて、しかも一軍でホームラン4本。たいしたもんや。足が速いと、当て逃げみたいなバッティングをする選手がいるけど、小園のスイングは体から腕が離れず回転していて、 …

森下暢仁は?小園海斗は?カープキャンプ、注目の争いをピックアップ

森下暢仁は?小園海斗は?カープキャンプ、注目の争いをピックアップ

最大の激戦区は捕手 いよいよ「プロ野球界のお正月」ともいわれる、2月1日のキャンプインが間近に迫ってきうた。もっとも、開幕が3月20日と、例年より約1週間繰り上がっている今季は、各球団、2月中旬には実 …