カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

観客がファウルフライをキャッチ…守備妨害と捕球位置のリクエスト?

2024年5月8日

観客がファウルフライをキャッチ…守備妨害と捕球位置のリクエスト?

【問】4月13日の巨人対広島戦(東京ドーム)で、広島の三塁手・田中広輔選手は三塁ファウルゾーンへの飛球を追って、客席のフェンス際へグラブを差し出しました。ところが、捕球寸前でエキサイトシートで観戦していたファンにその飛球を捕られてしまったのです。

新井貴浩監督(広島)は守備妨害ではないかと審判団に説明を求めましたが、責任審判の場内放送は「ファウルフライがフェンスよりお客さんの席のほうで捕られましたので、妨害にはなりません。ファウルとして再開します」とのこと。数年前に同様のケースで井口資仁監督(ロッテ)がリクエストを求めて判定が覆った事例があったような気がするのですが。

【答】よく覚えていますね。確かに2021年の楽天対ロッテ戦(楽天モバイル)で、ロッテの左翼手・角中勝也選手が左翼フェンス際の打球を観衆に妨害され捕球できなかったことがありました。このときはリプレイ検証によりファウルが一転、アウトとして試合が再開されました。では、この2つのケースの違いは何か?

まず「守備妨害」についてはリクエストの対象外なのです。例えば打球や送球処理直後の野手と走者に接触がありそれが守備妨害か走塁妨害か、あるいはそのプレーに対して野手や走者に故意性があったか否かなどは当該審判による「判断」に委ねられます。よって、「守備妨害」や「走塁妨害」はその場で起こった接触などの「事実」の確認ではなく、「判断」ですからリプレイ検証はしません。

今回のケースでは田中選手のグラブが観客席内に入っていたという前提での判定でした。ですから「観衆の妨害・原注」(6.01.e)にあるように「野手がフェンス、手すり、ロープから乗り出したり、スタンドの中に手を差し伸べて捕球するのを妨げられても妨害とは認められない」を適用し、リクエストにも応じませんでした。

井口監督のケースでは角中選手のグラブが観客席側だったか、フィールド内だったかという事実の確認を求められました。これはリクエストの対象となりますし、リプレイ検証も行われます。このときは明らかに観客の手がフィールド内に入り込んでいました。

ですから新井監督は「守備妨害」ではなく、その差し出された両者のグラブの位置関係のリクエストを求めればよかったわけです。意思の疎通を欠いていたのかもしれませんが、やはり審判はリクエストに対してもチームを有利に誘導することはできないのをご承知おきください。

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

カープ、『日本一』のカギは中継ぎにあり!払拭したい昨季の悪夢

カープ、『日本一』のカギは中継ぎにあり!払拭したい昨季の悪夢

セ・リーグ連覇を果たした広島カープの強さは、今季も際立っていた。その強さの秘密はどこにあるのだろうか?数字で振り返りながら、昨シーズンは成し遂げられなかった“日本一”の忘れ物を取るためのカギを探る。( …

迷走するカープの根本的問題は、目指すべき方向性が示されないことだ

迷走するカープの根本的問題は、目指すべき方向性が示されないことだ

広島カープが迷走している。シーズン前の下馬評は決して高くなかったとはいえ、ここまで苦労するとも考えにくかった。2年前までの3連覇チームの栄華も“今は昔”か、いやいやまだまだこれからなのか……。もがく広 …

菊池は、何がすごいのか?「動物に例えるとネコ」高橋慶彦さんが語る

菊池は、何がすごいのか?「動物に例えるとネコ」高橋慶彦さんが語る

全国のカープファンの皆さん。元広島東洋カープの高橋慶彦です。昨年10月にこの文春野球コラムペナントレースでコラムを書かせていただきましたが、今回、再びこの場で書かせていただくことになりました。よろしく …