カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープは早くも地獄?不要論も出る「秋季キャンプ」、選手のホンネ…

2019年10月28日

カープは早くも地獄?不要論も出る「秋季キャンプ」、選手のホンネ…

今、ネット上でプロ野球の“秋季キャンプの是非”が話題になっている。

「かつて、元千葉ロッテの里崎智也氏が語っていた秋季キャンプに対する疑問に、ダルビッシュ有がツイッターで『自分が監督なら秋季キャンプ自体やらないかも』と賛同コメントを発信していたことが、この時期になるとプロ野球ファンの間で話題になるんです。もちろん、これには賛成意見と同様に《この時期に鍛えることは必要なのではないか》という指摘も多くあがりますね」(夕刊紙記者)

ただし、里崎氏は当時、「個々に課題やトレーニングがあるため、チーム全体がそろってやるよりも一人のほうが効率的」とも語っており、決して練習不要論ではないのだが、昨今の秋季キャンプの現実を見ても、確かに考え直す点が多々ありそうな部分もある。

「阪神がペナントレース終盤で連勝し、クライマックスシリーズ(CS)進出を決めた際、選手らは“勝ち進んで秋季キャンプを少しでも短くしたい”などと冗談めかして言っていましたよ。どの球団の選手も、多くは“長時間はやりたくない”というのが本音では。しかし、もちろん首脳陣はそうは思っていない。特に下位に低迷した球団では、山積みの課題を少しでも解消するため、12月からの完全オフまでミッチリとしごいておきたいことに加え、選手も罪悪感があることから、文句の一つも言えないわけです」(スポーツ紙記者)

そんな中、今回の秋季キャンプで最も激しいしごきが予想されてるのが、広島カープだという。

「セ・リーグ4連覇を逃した上にCS進出さえ果たせず無残な結果に終わったカープは、緒方孝一氏から引き継いだ佐々岡真司新監督は、キャンプ前の秋季練習から投手陣に長時間のランニングを課すなど、相当な力の入れようです。11月から始まる日南キャンプについても、報道陣に『変わりばえしない選手はそのまま帰らせるかもしれない』と強制送還まで示唆しており、選手たちは、これから待ち受ける地獄キャンプに戦々恐々です。

しかし15年オフ、当時の緒方監督の場合も優勝の期待に応えられず厳しいキャンプを課していますが、単にキツイのではなく、ティー打撃のボールに書かれた文字を読ませながら打たせるなど、実戦に結びつく練習でチーム力を上げ、リーグ優勝に導きました。そうした柔軟性のある練習プランを佐々岡新監督にも作れるのかも、注目のしどころです」(前出・スポーツ紙記者)

やるのであれば、不要論を吹き飛ばす効率的なキャンプにしてほしいものだ。(飯山満)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

プロ野球開幕は6月19日決定!予定されていたカードと開幕投手は?

プロ野球開幕は6月19日決定!予定されていたカードと開幕投手は?

新型コロナウイルスの感染拡大で開幕を延期しているプロ野球は25日、臨時12球団代表者会議を開き、両リーグの公式戦の開幕日を6月19日に決めた。 当初予定されていた3月20日から約3ヵ月遅れでの開幕とな …

無観客開催だと球団経営にも影響大、売上は選手総年俸にも届かない?

無観客開催だと球団経営にも影響大、売上は選手総年俸にも届かない?

開幕延期により試合が行われず、売上はほぼゼロの状態が続いている 新型コロナウイルス感染症の拡大により開幕が無期限で延期となっているプロ野球。緊急事態宣言が全国的に拡大されており、5月中の開幕は断念され …

侍ジャパン・4番候補の誠也、五輪延期に複雑胸中「仕方のないこと」

侍ジャパン・4番候補の誠也、五輪延期に複雑胸中「仕方のないこと」

広島・鈴木誠也外野手(25)は24日、東京五輪の1年程度の延期について言及し、「仕方ない」と複雑な胸中を吐露した。侍ジャパンの4番最有力候補として他競技選手の心情も思いやった。一方で4月24日の開幕を …