カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

斬り込み隊長は俺だ!選手会長・田中広輔、『タナキク』の輝きを再び

2020年1月23日

斬り込み隊長は俺だ!選手会長・田中広輔、『タナキク』の輝きを再び

広島の一番といえばやはりこの男がふさわしいのかもしれない。一番打者に定着した2016年からリードオフマンとしてチームをけん引。17、18年と2年連続で30盗塁を記録し、「不動の一番打者」としてリーグ3連覇に大きく貢献した。

右ヒザの故障を抱えながら臨んだ昨季は97試合の出場。そのうち一番での出場はわずか31試合にとどまった。8月末には「右ヒザ半月板部分切除手術」を敢行した。

昨年末には長年“タナキク”として一、二番コンビを組んだ菊池涼介がメジャーへの思いを断ち、チーム残留を決断した。1月15日に行われた合同自主トレでは練習拠点の沖縄から一時合流し、自身の思いをぶちまけた。

「キクとは同級生。ずっと二遊間でやってきた。2人でもう一回、“タナキク”を全国にしっかりとアピールできように。また2人で一緒にチームを引っ張って活躍したい」

もちろんライバルも多い。「遊撃で全試合出場」を目標に掲げる小園、昨季中盤以降に一番に定着した西川。昨季は39試合に一番としてスタメン出場し、14盗塁を記録した野間。佐々岡新監督が掲げる「競争」を勝ち抜き、「一番遊撃・田中広輔」を再び定着させるには多くの壁を越える必要がある。

昨オフには會澤から選手会長を引き継いだ。今季は新たにリーダーとしてチームを引っ張る。チームの先頭、そして打線の先頭に立ち、優勝を奪い取る。この男が復活したカープは間違いなく強い。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

カーブ向上に励む、ドラ1・森下暢仁「ボールの回転を意識して入る」

カーブ向上に励む、ドラ1・森下暢仁「ボールの回転を意識して入る」

広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が16日、カーブの向上に励んだ。マツダの室内練習場で約25メートルの間隔をとりカーブを多投した。 15日のソフトバンク戦ではオープン戦で11イニングぶりの失点を …

長野久義、『控え』のままでは終われない/本領発揮は、これからだ!

長野久義、『控え』のままでは終われない/本領発揮は、これからだ!

長野久義が本来の力を見せ始めた。4月23日の中日戦(マツダ広島)で今季初めて三番で先発すると、第1打席で中犠飛を放ち、久びさの打点をマーク。6回には左前打を放って出塁した。翌24日には山井から2号ソロ …

大瀬良、自主トレを公開「同じようなことをやっていても成長はない」

大瀬良、自主トレを公開「同じようなことをやっていても成長はない」

広島・大瀬良大地投手(28)が6日、マツダスタジアムで自主トレを公開し、ランニング、キャッチボールなどを行った。 2年連続の開幕投手に向け、新たな取り組みとして2段モーションをやめる考えを明かしており …