カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

薮田和樹、下半身主導で3年前の感覚を取り戻す/来季の復活を誓う!

2019年11月28日

薮田和樹、下半身主導で3年前の感覚を取り戻す/来季の復活を誓う!

2017年に15勝を挙げ、自己初のタイトルとなった「勝率第一位」を獲得し、チームのリーグ優勝に大きく貢献した姿は今年もなかった。大きな期待を背負って臨んだ18年シーズンは9試合の登板にとどまり、2勝1敗。復活をかけて臨んだ今季は4試合の登板で0勝2敗、防御率9.24。プロ入り後初のゼロ勝に終わった。

「数字を見てもらったら分かる通り、悔しいシーズンでした」

リーグ4連覇を懸けて挑んだ今季は、これまでの疲労が蓄積したのか、3連覇を支えてきた主力選手が不振や故障により離脱。その影響もあってか、シーズンが深まるにつれて、チームは失速し、クライマックス・シリーズ進出をあと一歩で逃した。セ・リーグの絶対王者から一気にBクラスの4位にまで転落した。

チームが王座を奪還するには薮田和樹の復活は必要不可欠だ。不振の原因について薮田は「それは分からない。それが分かったときにはもう1回勝てていると思います」と頭を悩ませながらも、復活へ一歩ずつ歩みを進めている。若手中心で組まれた秋季キャンプにも参加し、走り込みのメニューでも懸命に取り組み、背中で若手選手を鼓舞した。

秋季キャンプでは下半身主導で力を出すことを意識したフォームに取り組んだ。17年と比べ、「感覚はそんなに大きな差はないです」と話す。来季自身に求める姿については「理想は開幕から先発ローテーションに入って、全試合勝つことです」と覚悟を口にした。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール)

関連記事

CSへ、救援トリオ調整順調も…栗林「2試合とも10対0で勝って」

CSへ、救援トリオ調整順調も…栗林「2試合とも10対0で勝って」

クライマックスシリーズ(CS)ファーストステージ(14日開幕・マツダスタジアム)に向け、広島の”盾”が順調に仕上がってきた。 今季の安定した戦い支える矢崎拓也投手(29)、島内颯太郎投手(26)、栗林 …

逆転のカープを支えるのは、お茶目で親交が深い「鈴木・野間コンビ」

逆転のカープを支えるのは、お茶目で親交が深い「鈴木・野間コンビ」

5月15日に行われた広島東洋カープ対ヤクルトスワローズの一戦は、9-7とカープの逆転勝利で幕を閉じた。逆転勝利の立役者は、何と言っても鈴木誠也選手。2本の本塁打を打ち、カープを勝利へと導いた。 5月1 …

上本が魅せた勇気!ファインプレーで、床田のプロ初完封をアシスト!

上本が魅せた勇気!ファインプレーで、床田のプロ初完封をアシスト!

動画がアップされてました。せっかくなので、見逃した方のために共有しておきます! 普通のセンターなら、間違いなくリスクを冒さずワンバンで捕ってたと思います。一昔前は、赤松や天谷がホームランボールをキャッ …