カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

2017年12月16日

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

個人目標をほとんど口にすることのない丸佳浩が、口を開いた。「試合に出続けることは、僕にとっての数少ない野球に対するこだわりです。モチベーションになっています」

2013年5月20日から始まった連続試合出場。今季も全143試合に出場した。打率.308、自己最多の23本塁打、92打点をマーク。セ・リーグMVPを獲得した。

不動の三番打者としてチームを支え、連覇にも貢献。試合に出続けることが大きなモチベーションになっていた。来季も全試合出場を果たせば5年連続となり、球団では衣笠祥雄氏、山本浩二氏、山崎隆造氏に続いて4人目となる。

丸にとって明確な目標のひとつだ。そこには「常に試合に出続けられるとは思っていない。自分のいいところを出さないとベンチは信頼もできない」という危機感もある。

MVP男の口から出るには謙虚過ぎる言葉だが「それも今年の話。来年はどうなるかなんて分からない。年が変われば状況も変わりますから」と本気で言う。

広島のリーグ連覇の象徴的存在は通算1000安打まで残り53本にも迫っている。試合に出続ければ自然についてくる数字だろう。シーズン中でも完全にオフにすることはほとんどなく体を動かし続けた。試合前、球場入りから作り上げたルーティンで好不調の波も少ない。

「これまでどおり動いていきます」。チームを引っ張る丸の名前は、来季も常にスコアボードにある。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

前向きの象徴【いつも心に新井『さん』を】/カープ女子からのすすめ

今シーズン導入された申告敬遠に慣れてしまった自分に寂しさを感じている同志の皆さま、如何お過ごしですか。あれほど「敬遠球をホームランにしたり暴投したりのドラマがなくなる!」と憤っていたのに案外簡単に受け …

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

2016年末にステージ3の胃がんと診断されたプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。半年間の抗がん剤治療を経てリハビリとトレーニングを重ね、3月に実戦への復帰を果たしました。前例のない「がんサバイ …

カープ移籍で、ゴールデングラブ賞獲得の名手となった『赤松真人』

カープへの移籍で、ゴールデングラブ賞獲得の名手となった『赤松真人』

大物選手がFA権を行使して移籍してくる代償として、その大物選手の旧所属球団が自分を指名する――。 それは、チームが28人のプロテクトリストから自分を外したから。しかし、それで出場機会が飛躍的に増えるケ …