カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中法彦、実戦力増した二軍セーブ王!次は一軍で貢献/飛躍の1年を

2021年1月21日

田中法彦、実戦力増した二軍セーブ王!次は一軍で貢献/飛躍の1年を

高卒2年目の昨季、田中法彦は将来性を感じさせるポテンシャルの高さを示した。ウエスタン・リーグでは主に抑えとして25試合に登板。1勝1敗12セーブ、防御率1.73と抜群の安定感をみせ、同リーグのセーブ王に輝いた。シーズン終盤には自身初の一軍に昇格し、登板2試合無失点と存在感をアピールした。

三重・菰野高からドラフト5位で2019年に入団した。1年目はウエスタン・リーグの登板は4試合にとどまったものの、昨季は大幅に出場機会を増やした。高校時代に記録した最速152キロの直球は鳴りを潜めるが、140キロ台の直球を軸に、多彩な変化球を操り、打者を手玉に取った。右腕は「球速はそんなに出てないですけど、直球で空振りが取れるようになったし、去年よりはキレも良くなっていると思います」と胸を張った。

変化球は19年までのカーブ、スライダー、チェンジアップに加え、昨季からカットボールと高校時代に投げていたスプリットを復活させた。投球の幅を広げることに成功し「変化球も増えて、全部でストライクが取れる。全球種でゾーンで勝負できている。そこが成長した部分かなと思います」と進化を実感する。

田中法は昨季について「二軍でもしっかり結果を残せて、一軍でも2試合投げられたので、自分的にはとても良いシーズンだった」と振り返った。

今季に向けては「1年間ずっと一軍にいて、しっかり戦力になれるように頑張っていきたい」と飛躍を誓った。将来的には「やるからには大事なところを任されるような、信頼される投手になりたい」。2年連続でBクラスに沈んだチームは、投手再建が急務とされる。3年目の田中法が、今季はチーム、そしてセ・リーグに旋風を巻き起こす。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

佐々岡監督が真っ先に改革したこと…「痩せた」と噂されるは気苦労?

佐々岡監督が真っ先に改革したこと…「痩せた」と噂されるは気苦労?

ユニフォーム着用、チーム全体練習の再開、紅白戦も実施へ。佐々岡カープがいち早く、実戦を意識したスケジュールに組み換えた。これを受けて、「ペナントレース開催も近い」と期待の声も寄せられたが、他球団の動向 …

打順別に打率を比較…完全に二面性、2019年カープは強い?弱い?

打順別に打率を比較…完全に二面性、2019年カープは強い?弱い?

最後を締める投手が不安定 広島は交流戦5勝12敗1分けで最下位。ただし、2018年も7勝11敗。もともと交流戦は得意ではない。ただ、前年は、セの他球団は最下位だったヤクルトを除けば、すべて負け越しとな …

広島カープ、『伝説のスカウト』・木庭教は、野球のシロウトだった!

広島カープ、『伝説のスカウト』・木庭教は、野球のシロウトだった!

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。 時間を見 …