カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

主催ゲームのビジター席分割、ファンから「ありえない」と批判相次ぐ

2018年1月28日

主催ゲームのビジター席分割、ファンから「ありえない」と批判相次ぐ

プロ野球団・広島東洋カープが2018年1月25日、同球団主催の2018年度公式戦からDeNA戦・中日戦・ヤクルト戦において、「ビジターパフォーマンス」席を分割して、カープファン・ビジターファンのどちらも応援可能な一般席を設けることを発表した。

この発表を受け、同球団への批判の声が相次いでいる。

ビジター席にもカープファンが流入

25日、2018年度公式戦のカープ主催ゲームにおいて、これまで対戦チームのファン(ビジター)が応援していた席「ビジターパフォーマンス」(約1670席)が、「ビジターパフォーマンス席」(ビジター専用の指定席)と「3塁側パフォーマンス席」(一般指定席)に分割されることが発表された。

対象となるチームは、横浜DeNAベイスターズ、中日ドラゴンズ、東京ヤクルトスワローズの3球団だ。

「ビジターパフォーマンス席」は、これまで同様にカープのユニフォームの着用、カープの応援グッズ等を使用しての応援が禁止されている。一方「3塁側パフォーマンス席」は、内野・外野指定席などの一般席と同様、どちらのチームのユニフォーム、グッズを使用して応援してもよいという席だ。

球団はこうした席の分割を踏み切るに至った経緯を

「近年、来場希望者が増加する一方で座席に限りがあることから、ビジターパフォーマンスの入場券を多くのカープファンが求め、コンコース等に流れる現象が起きています。そのため、コンコースでは混雑が増大し、お客様同士のトラブルも増えています。こうした状況を少しでも解消するために実施いたします」

と、公式サイト上で説明している。

「カープ側のことしか考えてない」

この球団の対応に、ツイッター上で多くの批判の声が上がっている。

「マツダスタジアムのビジター分割化はカープファンとして断固反対!!」

「遠くからきとる他球団かわいそうやん。新たに席つくればいいのにこれは完全おかしいと思います」

「ありえない 絶対トラブル起こる カープ側のことしか考えてない ビジター側のこともちゃんと考えよ」

「こんな解決策しか考えつかないのか広島カープ ガッカリだよ」

など、カープファン含め、さまざまな球団のファンから批判的な意見がつぶやかれている。

一方で

「甲子園東京ドームも、ビジター球団によっては、ビジター席減らしたりするやん?」

「カープのビジパフォ分割、そんなに怒ることか?他球場でもビジター狭いところ多いし。そもそも人が入らないから分割されてんだろ」

「カープがそういう考えなら、スワローズやベイスターズもカープ戦のビジター応援席を大幅減すればいい」

など、「主催ゲームのビジター席をどうするかは球団の自由」といった意見も上がっている。

(※引用元 J-CAST

関連記事

新井貴浩氏、TBS専属解説者に!衣笠氏【後継】「大変光栄なこと」

新井貴浩氏、TBS専属解説者に!衣笠氏【後継】「大変光栄なこと」

今季限りで現役を引退した元広島の新井貴浩氏(41)が、2019年シーズンからTBS専属野球解説者に就任することが決まった。26日に正式発表される。 TBSで長く野球解説を務めた同じ広島OBの衣笠祥雄氏 …

打線低迷の「原因」?『反射するスコアボード』、改装1か月で再改装

打線低迷の「原因」?『反射するスコアボード』、改装1か月で再改装

3月に改装されたばかりのマツダスタジアムのスコアボードが、早くも“再改装”されることが15日、分かった。 今季から前年比1・5倍の大画面に模様替え。 しかし、先月15日の巨人とのオープン戦でのお披露目 …

球団創立70周年を記念して、「モニュメントスクエア」の建設を発表

球団創立70周年を記念して、「モニュメントスクエア」の建設を発表

広島が14日、球団創立70周年を記念して、マツダスタジアム近くに「モニュメントスクエア」を建設することを発表した。 2020年は広島球団創立70周年となる。球団はファンに感謝し、70年の歴史をファンと …