カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

2018年2月2日

鈴木誠也、好結果を生む打席での『心構え』とは/チャンスは任せろ!

勝負強さが四番打者の必須項目ならば、鈴木誠也はピタリと合致する存在だ。

一軍定着後、得点圏打率は3年連続で3割以上をマークした。2015年は.358、16年は.346、17年は.308とやや下回ったが、得点圏での9本塁打はヤクルト・山田哲人の10本に次ぐリーグ2位。ビッグイニングを演出できる存在なのだ。

「チャンスということは、投手にとってピンチ。それをうまく利用して、気負わずに打席に入ることを心がけています。硬くなると甘い球を見逃したりする。その1球が一軍では命取りになるので」

マウンドからの雰囲気で、投手の焦りを感じ取ることもあるという。

「自分の直感みたいなもの」。精神的に優位に立つことで、好結果を生み出している。大事なのは、気持ちの整理だと強調する。

「ネクスト(バッターズサークル)での考え方の準備が終わっておけば、投手と勝負できる。チャンスのときはこれをしていこうと決める。例えば初球を振る、または変化球を狙うとか。割り切ったほうが自分のスイングができる」

最もやってはいけないのは、迷って中途半端になることだという。

「去年はキクさん(菊池涼介)とか丸(佳浩)さんのおかげで、かなりの確率で得点圏での打席だった。そう考えると90打点じゃ少ない」

昨年8月に手術した右足首のリハビリに励んでいる。キャンプは一軍スタートながら、まだ回復途中。焦らず、階段を上がっていく。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

菊池『帽子のつば真っ平ら問題』を考える、プロ野球選手の帽子が変化

4月3日のカープ対スワローズ戦。4回裏スワローズの先頭打者・中村悠平の打球はセカンドゴロになった……と書けば普通だが、菊池涼介がセカンドを守っていなければライト前ヒットになっていたであろう。その守備範 …

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

鈴木誠也、昨年「重責」に悩み…「自分が向かう場所を見失っていた」

37年ぶりのリーグ連覇を果たした昨季、広島に1人の革命的な4番打者が誕生した。鈴木誠也――。攻守走に最高級の品質を持つ23歳は、しかし、佳境を前に故障離脱の憂き目を見た。 曲折を乗り越え、精神的に成長 …

胃がんから復帰の『赤松』が、野球教室「1日1日を大事にしている」

胃がんから復帰の『赤松』が、野球教室「1日1日を大事にしている」

胃がんからの復活を目指す広島・赤松真人外野手(35)が21日、チームメートの岩本、薮田らと共に、広島県江田島市大柿町の大柿高校で行われた野球教室に参加。18チーム、総勢277人の小中学生に指導した。 …