カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

元広島カープのエース・北別府氏がアメブロを更新する「深イイ」理由

2018年3月11日

元広島カープのエース・北別府氏がアメブロを更新する「深イイ」理由

プロ野球・広島カープの元エースとして活躍した野球解説者の北別府学氏が28日、自身のアメブロの中でブログを更新する「深イイ」理由を明かした。

北別府氏は周囲の人から「ブログを頻繁に更新して儲かっているでしょ」と指摘されることを受け、これをハッキリ否定。むしろ、広告を貼ったことはなく、「収入はゼロ円」であると明言した。その一方、ブログを更新する理由について、「現役時代の振る舞いに対する後悔」があると綴った。

「現役時代、勝ちさえすればそれがファンサービスだと本気で思っていました。違うよね。プロなんだから。応援してくれていたファンの人たちに申し訳なかったという思いも込めて発信しようと」

この告白に一部ファンからは、「ペイさん(北別府氏の愛称)らしくて親近感を持てます」「野球に真摯に取り組む人が好きです。ファンサービスは二の次だと思います」といった北別府氏の人柄を支持する声に加え、「ブログ収入は有名税の対価だと思います。その収入を北別府ファーム(北別府氏が広島で取り組んでいる里山活性化プロジェクト)に使ってください」などの応援コメントも寄せられた。

北別府氏は最後、「そろそろ広告を貼りましょう」という関係者I氏の誘いを再度断ったと明かしたが、「同席した家内の目がキラリと光った。家内は間違いなくI氏に連絡を試みるでしょう」と、おどけてみせた。

(※引用元 Abema TIMES

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

赤松、胃がんを語る「それでも僕が野球を続ける理由」/がんと共に…

2016年末にステージ3の胃がんと診断されたプロ野球・広島カープの赤松真人選手(35)。半年間の抗がん剤治療を経てリハビリとトレーニングを重ね、3月に実戦への復帰を果たしました。前例のない「がんサバイ …

貧打を変えた石井コーチの教え、カープ打線は7割の失敗を生かす

貧打を変えた石井コーチの教え、カープ打線は7割の失敗を生かす

横浜で20年間、広島で4年間プレーし、通算2432安打を記録した石井は、12年限りで現役を引退。そのまま広島に在籍して3年間、守備走塁コーチを務めた。その間、当然ながら、野手たちの打撃も間近に見ている …

チームメートもニッコリ、2018年は野間峻祥の『打』にも注目せよ

チームメートもニッコリ、2018年は野間峻祥の『打』にも注目せよ

勢いある打撃で今シーズンもここまでセ・リーグの首位を走る広島。5月4日現在、チーム最多の猛打賞獲得回数は3回で、3選手が記録している。不動のレギュラー・菊池涼介と田中広輔と並ぶもう1人が野間峻祥だ。 …