カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

元カープ・今村猛が語るタレント転身の今「お金の勉強しておけば…」

2022年6月23日

元カープ・今村猛が語るタレント転身の今「お金の勉強しておけば…」

セットアッパーとして、カープの“勝利の方程式”の一角を担い、日本代表としてWBCにも出場した今村猛さん(31)の早すぎる引退に驚かされた人は、多かったのではないか。まだやれると……。

「もっとできたかなという気持ちはあったし、悔しさもありました。でも、カープ以外で野球をしたいという気持ちはなかった。(鈴木)誠也とは対戦してみたかったですが(笑)。真っ向勝負は避けて、ほとんどボール球を投げたと思う」

現在はタレントとして活躍中だ。

「先日、『有吉ゼミ』(日本テレビ系)に出させていただき、コロナ禍でYouTubeチャンネルも開設しました。配信は停滞気味ですが…。引退して間もないので、まだ“カープOB”みたいな扱いですね」

スポーツとはまったく違う分野に身を置いているだけに、気がついたこともあるという。

「現役のうちに、もっといろんな方に出会っていればよかったな、と思います。あと、お金の勉強をもっとしておけばよかったですね。これからはお金のマネジメントもしっかりしないといけません」

自身の実感を踏まえ、現役選手へアドバイスを送る。

「よけいなことは言いたくないですが、『野球だけじゃないよ』というのは伝えておきたいですね。終わりは必ず来るし、その後の人生のほうが長いですから。たとえば、チームに残れるのは引退した人のなかでもごくわずかです。だからこそ、野球をやめたあとに自分がどうやって生きていくかというのは、あらかじめ考えておいたほうがいいんじゃないかと。次への準備は大事です」

今後については、「視野を広げると同時に新たなことにもチャレンジしたい」と語る。

「社会人として1年めなので、気持ちも生活もスムーズに方向転換したいですね。『この人がこんなふうにやったから、そういう道もあるんだ』と、僕がいろいろと作っていけたらいいなと思います。ずっとスポーツにかかわってきたので、たとえばジム経営とかも考えたい。

健康のために通う一般の方に加えて、自分の知識を生かしたトレーニング法で、未来の野球選手を育てられるような場を提供するのが理想ですね。

今までの僕は、何かと『これはやらないといけない』という発想になっていました。仕事にしても、『やらないといけないから頑張る』という義務感から離れて、『やりたいことを頑張ったらいいんじゃないか』とある方からアドバイスを受けました。直感的におもしろいと思ったことを試しにやってみる。それでいいのかな、と最近考えさせられました」

いまむらたける

1991年生まれ 長崎県出身 清峰高を経て広島に入団。おもにセットアッパーとして活躍。2016~2018年のチーム3連覇に貢献。2021年引退。通算12年431試合115ホールド。現在はタレントとしてテレビやYouTubeで活躍

(※引用元 Smart FLASH

関連記事

枡田アナ、ヒップの穴を「ギュッと締めて」発言は『家族のため』!?

枡田アナ、ヒップの穴を「ギュッと締めて」発言は『家族のため』!?

16年からフリーで活動している枡田絵理奈アナがここにきて活躍の場を広げている。 フリー転身後しばらくは、古巣であるTBSの番組を中心に出演していた彼女だが、昨年末から各局のバラエティー番組に続々出演。 …

最強助っ人・ラミレスが欠場を直訴したほど「イヤだった投手5人」!

最強助っ人・ラミレスが欠場を直訴したほど「イヤだった投手5人」!

【「2種類のフォーク」、「大きく曲がるスライダー」に大苦戦】 ――さて、今回はラミレスさんが「現役時代に対戦していてイヤだった投手」を5人挙げていただきたいと思います。真っ先に浮かぶのは誰でしょうか? …

新ユニに不評続出「赤地に赤文字」で背番号見づらく…実況アナも困惑

新ユニに不評続出「赤地に赤文字」で背番号見づらく…実況アナも困惑

今季14年ぶりにユニフォームを刷新したプロ野球・広島東洋カープ。しかし、ビジター用のユニフォームのデザインをめぐり、野球ファンの間で不評が相次いでいる。 赤い生地の上に赤い背番号や名前のロゴを施した斬 …