カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

持丸、夢を叶えた父と息子の物語「本当にプロ野球選手になったんだ」

2022年7月4日

持丸、夢を叶えた父と息子の物語「本当にプロ野球選手になったんだ」

『今年は勝負の年。必ず勝って帰ってくる!!』

昨年オフに帰省した際に、広島に戻る旭川空港で家族にそう宣言した。

広島カープ育成3年目だった持丸泰輝。その言葉通り、シーズン中だった6月18日、見事に支配下選手枠を勝ちとったのだ。育成契約は最長3年という決まりがあり、ラストイヤーを迎えた持丸にとってこの1年はまさに勝負の年。とにかく“勝”にこだわった。

高校時代に父がグローブをオーダーで作ってくれたときに「時には遠回りも必要だけど、夢を曲げずに真っすぐ進んでほしい」という想いを込めて『夢一直線』という言葉を刺繍で入れてくれた。

プロに入ってからも1・2年目はその刺繍を入れていたが、3年目の今季のグローブには『勝』という1文字を入れた。夢のために絶対に勝たないといけない、家族の期待も背負っていた。

「お父さん! キャッチャーになったよ!」

持丸が野球を始めたのは小学校2年生のとき。きっかけは社会人野球をしていた父・知己さんの影響だった。「お父さん、野球がやりたい」。息子・泰輝から父にそう伝えた。

「本当に本当に嬉しかったです。息子が自分から野球をやりたいって言ってくれるなんて。正直もうこれだけで親孝行です(笑)」と知己さんは当時を振り返る。

実は小学生の頃からずっとキャッチャーをやっていた知己さん。息子が野球を始めてすぐに「お父さん! キャッチャーになったよ!」と笑顔で家に帰ってきたときの表情は未だに鮮明に覚えている。

そんな知己さんから見た息子・泰輝の性格は、一言で表すと「我慢強い子」。練習でも挫けるといったことが一度もなかった。ある日の試合当日に持丸が高熱を出したことがあり、「熱があるんだから休みなさい」と試合を休ませようとしたが、「いや、俺でる。俺がいなかったら試合にならない」と意見を曲げずに、結果薬を飲みながら試合に出場した。

そんな持丸だが、過去に一度だけ小学生のときに「野球を辞めたい」と母親に伝えたことがあった。普段、一切弱音を吐かない持丸が初めて野球で壁に当たったときだった。その話を父・知己さんが知ったのは息子本人からではなく妻からだった。

なぜ持丸は父親には相談せずに母親だけに内緒で伝えたのか、これには理由があった。それは「父親が野球をすごく好きだということを知っていたから、自分が父の大好きな野球を辞めたいと言ったら傷つけてしまうんじゃないか」。そう考え、父には言わなかった。いや、言えなかった。

「野球を辞めたい」と悩んでいた息子のことは見守ることにした。するとすぐに仲間が迎えに来た。仲間のお母さんたちも「泰輝くん辞めないで」と家に来てくれた。大切な友人たちが再び、持丸を野球の道へと戻してくれたのだった。

ただ、野球の相談をあまりしてこない息子に対して少し寂しさもあった。

「普段から野球のことでは一切電話がかかってきたことがないです。この前電話をしたときも『保険の加入ってどうしたらいい?』でした。僕は泰輝と野球の話をしたいので少し寂しいですね(笑)。ただこの前チャンスがあったんですよ。泰輝が20歳になって年末実家に帰ってきたときに『ちょっと飲むかい?』って初めて僕からお酒を誘ったんです。本当はゆっくり飲みながら野球の話を沢山したかったのに、泰輝がジュースみたいに飲んですぐに酔っ払って寝ました。結局野球の話は全然出来なかったですね(笑)」

「息子をプロに入れたいんです」

小学生のときに野球を始めた息子を、中学、高校、そしてプロへと。ずっと見守り続けてきた父・知己さんだか、実は1つだけ内緒にしていた話があった。

それは持丸が高校に入るときのこと。

知己さんは野球部の監督さんに会った際に、「恥ずかしい話かもしれないんですが、息子をプロに入れたいんです。本人も真剣に考えてるんで、どうかよろしくお願いします」と頭を下げた。

父も夢だったプロ野球選手に。泰輝ならなれる。そう信じていた。

この話には続きがある。カープから指名を受け、仮契約の時に旭川のホテルで近藤スカウトと高校の野球部の監督さんと会食があった。その場で突然監督さんから、「お父さん、泰輝が高校に入る前のこと覚えていますか? 僕、ちゃんと約束守りましたよ」と笑顔で言われた。

周りの人に恵まれているのは、息子・泰輝だけでなく、父・知己さんの人柄もあるからだろう。

「あぁ、泰輝は本当にプロ野球選手になったんだな」そう考えると自然と涙が出てきたという。

知己さんがずっと伝えてきた言葉

持丸泰輝の新しい背番号は「95」。

カープ芸人として活動している中で、ありがたいことに二軍での取材をさせてもらう機会が多く、持丸のこともずっと見てきた。

なので、支配下契約は個人的にも嬉しく、ニュースを見た瞬間に本人に“おめでとう”とメッセージを送った。すると「やっとスタート地点に立てました。ここからです」と、喜びを噛み締めながらもしっかりと地に足をつけていた。

子供の頃にずっと両親から言われてきた言葉が影響しているのだろう。

「自分が成績上がっても勝ち誇ったりしたらダメ、常に平常心だよ」

知己さんがずっと伝えてきた言葉だ。

息子同様に父も平常心だった。

「泰輝が支配下になってから沢山のお祝いメールの処理にてんてこまいです。嬉しい限りです。泰輝がこれまで頑張ってこれたのも、沢山の周りの人に支えられ、熱い応援により勝ち取れたものと思っております。やっとプロ野球のスタート地点です。これからが本当の勝負! 何とか正捕手目指し、1軍のステージで活躍する姿を早く見たいですね」

夢に向かって一直線。まだまだ沢山の目標がある。

『今年は勝負の年。必ず勝って帰ってくる!!』

支配下契約という家族との約束はしっかりと果たした。次はプロ初ヒットか? プロ初ホームランか? それとも捕手としてチームの勝利か?

まだ20歳、楽しみしかない。

持丸は家族に「カープを代表する選手になりたい、日本代表のキャッチャーになりたい」と伝えている。育成選手から日本一に。捕手でいえば福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也が実現させた。

持丸がカープで正捕手になり、日本シリーズで戦う姿を僕も楽しみにしている。

そして、また時間ができた際には父と子でゆっくりと祝杯をあげてほしい。またすぐに寝るかもしれないが……(笑)。

(※引用元 文春オンライン

関連記事

今こそ感じる捕手・會澤翼が持っていて、坂倉将吾にはないものとは?

今こそ感じる捕手・會澤翼が持っていて、坂倉将吾にはないものとは?

カープが強さを取り戻すために必要なキャッチャーの力!! 8月後半からスタメンキャッチャーは會澤翼と坂倉将吾が併用されている状況のカープ。 坂倉将吾の若さ、打力はもちろん魅力充分。もちろん、その成長は感 …

カープの「苦手」はDeNA…因縁の相手を倒すカギを握るのは菊池!

カープの「苦手」はDeNA…因縁の相手を倒すカギを握るのは菊池!

DeNAは過去5年で見ても苦戦する相手 長いペナントレースを制するためには「天敵を作らないこと」が大事な要素のひとつになる。大きく負け越す相手が1チームでもいるとトータルで貯金を積み重ねることは難しく …

V奪還のカギは抑えを誰にするか…俺は九里を推薦するがどうだろう?

V奪還のカギは抑えを誰にするか…俺は九里を推薦するがどうだろう?

先発の頭数はそろってきた 6月28日の中日戦(ナゴヤドーム)で、広島の新人・森下暢仁が初勝利を挙げた。8回まで無失点ながら、9回に3失点で完封、さらに完投も逃したのは残念だったが、まだ今シーズン、12 …