カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山獲得は「次期・新井監督+黒田コーチ」大プロジェクトの手みやげ

2022年7月3日

秋山獲得は「次期・新井監督+黒田コーチ」大プロジェクトの手みやげ

広島の秋山翔吾獲得は、次期政権への布石という見方が強まっている。元MLBレッズ・秋山の入団記者会見が6月30日、広島のマツダスタジアムで行われた。3年契約で、出来高払いを含めて総額5億円は、広島としては破格の条件といえる。

ポスティングシステムを利用してカブス入りした鈴木誠也の譲渡金は、推定1400万ドル超。円安の昨今を考えれば、19億円にもなる。大盤振る舞いをしても補って余りある金額だが、秋山を獲得したのは別の思惑もあるという。

スポーツ紙遊軍記者が、次のように解説する。

「このままいけば、佐々岡監督は今季限りで勇退する。その場合、次期監督の最有力候補は、OBの新井貴浩だといわれています。ある意味、その新井へのプレゼントでしょう。まだまだ来季以降も主力として活躍できる秋山獲得に名乗りを上げたのは、そのためです」

広島には「一度、FAで国内の他球団に移籍した選手を戻さない」との不文律があった。実際、巨人に移籍した川口和久、江藤智、大竹寛などは、指導者としても広島に復帰していない。

だが、新井だけはその方針の適用外だった。新井は14年オフ、阪神から推定年俸7000万円を提示されたが、自ら自由契約を申し出て退団。再び赤ヘル軍団の一員になることを許されている。

戦力としてもそうだが、新井の人柄を松田元オーナーが高く評価してのことだ。推定年俸5000万円という、阪神を下回る条件での入団は「将来の監督手形があったため」と言われたことも事実だ。

新井が監督に就任すれば、さらなるビッグプロジェクトが現実味を帯びてくる。

広島というチームは、古くはドミニカに野球学校を設立するなど、海外志向が強い球団である。当然、MLB移籍をもくろむ選手も多く、その第1号が黒田博樹だった。

広島は人気と実績を兼ね備えた黒田が現役引退してからは再三、指導者としての入閣を打診したとの情報がある。だが、本人は二の足を踏んでいる。それが新井監督の誕生で、一歩も二歩も前進する可能性が高い。

「球団としては、黒田のメジャー体験を若い世代に残したいと思っている。これまで再びユニホームを着ることに難色を示してきた黒田を指導者として戻ってこさせるには、仲がいい新井が要請するしかない」(球団関係者)

秋山の加入で、CSに出場できるセ・リーグ3位を確保できればベターだが、勝負はその先。それが今回の獲得目的のひとつなのだ。(阿部勝彦)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

栗林良吏はなぜあんなに帽子を脱ぐのか?気になりすぎて数えた結果…

栗林良吏はなぜあんなに帽子を脱ぐのか?気になりすぎて数えた結果…

栗林といえば、カープのドラフト1位ルーキーであり、いまや押しも押されもせぬ守護神である。6月13日に惜しくも記録は途絶えたものの、それまで開幕から22試合連続無失点。これはNPBの新人記録であり、カー …

オーラが復活!長野久義、第2のプロ野球人生に恩師2人が『太鼓判』

オーラが復活!長野久義、第2のプロ野球人生に恩師2人が『太鼓判』

日本ハム、ロッテの指名を拒否してまで入団した巨人で、首位打者、最多安打のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞でそれぞれ3度選出されるなど、生え抜きのスター選手として活躍した長野久義。だが …

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

丸佳浩、数少ない野球に対するこだわり『全試合出場』/記録への挑戦

個人目標をほとんど口にすることのない丸佳浩が、口を開いた。「試合に出続けることは、僕にとっての数少ない野球に対するこだわりです。モチベーションになっています」 2013年5月20日から始まった連続試合 …