カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山翔吾、日本復帰後初アーチの場面で称賛を集めた「あのふるまい」

2022年7月16日

秋山翔吾、日本復帰後初アーチの場面で称賛を集めた「あのふるまい」

いよいよ本領発揮だ。広島・秋山翔吾外野手(34)が15日の巨人戦(東京ドーム)で移籍後初アーチをマークした。

「3番・中堅」で先発出場した秋山は初回1死二塁、フルカウントから山崎伊の8球目の直球を捉えて、右中間へ先制2ラン。NPBでは西武時代の19年9月13日のロッテ戦(メットライフ)以来、1036日ぶりのアーチとなった。

「ここからスタートという気持ち。(東京ドーム)1打席目に出たことは良かった」と腕をぶした。

広島が獲得するにあたって人柄を含めて高く評価されたという秋山のフェアプレー精神は日本復帰弾の場面にもかいま見えた。待望のアーチとなった初回の場面、ダイヤモンドを回る際にも秋山に笑顔はなく、口は固く結ばれていた。

そこには試合序盤だから浮かれてはいられないという気持ちもあっただろうが、「相手球団への敬意ですよね。ガッツポーズなど皆無なのも、秋山選手らしいと感じました」(放送関係者)

西武時代には最多安打のタイトルを複数回受賞、日本球界が誇るスラッガーは相手球団へのリスペクトの気持ちも忘れない。野球に真摯に向きあう。そういった姿勢が多くの人の共感を呼び、球団の垣根を越えて応援の輪が広がっている。

この試合、11回には磯村のグランドスラムが飛び出し、6-3と巨人を下した。2位巨人に0・5差、東京ドームでの連敗も5で止まった。佐々岡監督も秋山の一発には「昨日のあの一本で吹っ切れたと思う」と前日の適時打に続き、チームを勢いづける一発だったとたたえた。

首位を独走するヤクルトを追う欠かせないピースとなれるか。今夏は広島・秋山の活躍に一層注目が高まりそうだ。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

バティスタの来季契約白紙…鈴木本部長「するかしないか分からない」

バティスタの来季契約白紙…鈴木本部長「するかしないか分からない」

広島のサビエル・バティスタ外野手(27)の来季契約が白紙であることが10日、分かった。 球団はこの日、アンチ・ドーピング規定違反に対する制裁として来年3月2日まで6か月間の出場停止処分を受けた同選手が …

床田が「右足関節骨折」と診断、今季絶望か…前夜に転倒で、負傷交代

床田が「右足関節骨折」と診断、今季絶望か…前夜に転倒で、負傷交代

広島は4日、床田寛樹投手(27)が同日中に広島市内の病院で「右足関節骨折」と診断を受けたと発表した。球団によると復帰時期は未定。 床田は、3日のDeNA17回戦(横浜)の5回1死三塁で一塁へのゴロを放 …

西川、ライバルも食う!日本ハム・近藤おかんメシ、1日3食で体重増

西川、ライバルも食う!日本ハム・近藤おかんメシ、1日3食で体重増

広島・西川龍馬内野手(25)が25日、広島・廿日市市の大野練習場で行われている合同自主トレに合流した。 5日から17日までは鹿児島・徳之島で日本ハム・近藤健介外野手(26)らと練習。同行していた近藤の …