カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

コロナ拡大!「なぜ球宴は中止にならない?」注目の「カラクリ」とは

2022年7月22日

コロナ拡大!「なぜ球宴は中止にならない?」注目の「カラクリ」とは

巨人は21日、新たに、中山、増田大、山口俊ら10人が新型コロナウイルスの陽性判定を受けたことを発表した。これでチーム内では選手、関係者ら一、二軍含め計67人が陽性判定を受け、チーム活動も停止。22~24日に行われる予定だった中日・巨人3連戦(バンテリンD)の延期も決定された。

新型コロナウイルスが再び猛威をふるっている。支配下69選手のうち34選手が離脱する異常事態となり、日本野球機構(NPB)の井原事務局長は「陽性者が多量でチーム編成が極めて困難である」と中日3連戦延期の理由を説明した。

一方で注目を集めるのは間近に迫ったオールスターゲーム(26日・ペイペイドーム、27日・松山)だ。これだけ各球団に感染者も拡がり、移動も伴うとあって、ネット上では「なぜ中止にしないのか?」と疑問の声が飛び交っている。

12球団は21日に行われたオーナー会議で球宴含め、今季全日程を消化することを改めて確認。球宴開催の是非について意見を交わすことはなかったとした上で議長を務めた巨人・山口寿一オーナーは「オールスター戦は必ず行います。できるだけファンの皆さまにがっかりさせない形で開催したい」とあくまで強行すると明言した。

一方で今回の球宴は巨人の選出メンバー内でも2軍調整中の坂本、今回陽性反応を受けた菅野、大勢、中田、丸、岡本和は欠場が決定的。これまでは辞退した場合、代替選手は所属球団から出すのが通例だったが、67人もの陽性判定を受けたとあって、代替選手を選出するのも容易ではない。

これが果たして「ファンの皆さまをがっかりさせない形」の開催となるだろうか。自身がファン投票で選んだ選手も見られず、球宴ならではの華やかな競演も期待できない。さらに今回の球宴でさらにコロナ禍が広がれば、大事な後半戦の戦いにも影を落としかねない。

それでもNPBが開催にこだわる理由は何か。

一ついわれているのは

「球宴と日本シリーズの一部はNPB管轄という点です。シ―ズン中の数少ない収益化のチャンスとあって、逃すわけにはいかないのかもしれません。ただ、ここまで感染状況が拡がった中で、選手、見に来るファンのことを考えても果たして開催が正しいのか。その点について議論もないとしたら、批判が出てくるのも仕方がない」(球界関係者)

実際に球界OBの中からも今回の球宴に関しては「感染のリスクが高い」「立ち止まるべき」とブレーキを求める声が高まっている。

コロナ禍において長く続いていた観客制限も解けてきた矢先。安心・安全に野球を楽しむにはどのように行動すべきか。再び球界の見識が問われている。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

鈴木誠也がホームランダービーで初優勝!賞金100万円と車をゲット

鈴木誠也がホームランダービーで初優勝!賞金100万円と車をゲット

◆マイナビオールスターゲーム2019 第2戦(13日・甲子園) 第2戦の試合前にホームランダービー(制限時間2分)が行われ、広島・鈴木誠也外野手(24)が初優勝。優勝賞金100万円を手にした。 鈴木は …

5年8500ドル、鈴木誠也は長期契約のプレッシャーに打ち勝てるか

5年8500万ドル…誠也は長期契約のプレッシャーに打ち勝てるか?

広島カープの鈴木誠也がカブスとの5年8500万ドルの長期契約に合意した。思い出すのは同じカープ出身の黒田博樹が2007年のオフ、4年契約を提示されていたのに、あえて短い3年契約(総額3530万ドル)を …

大竹寛が引退、マエケンは懐かしカープ時代の『お宝』写真を大公開!

大竹寛が引退、マエケンは懐かしカープ時代の『お宝』写真を大公開!

広島で7年間ともにプレー「大好きな先輩です」 米大リーグ・ツインズの前田健太投手が、今季限りで現役引退する巨人・大竹寛投手に惜別メッセージを送った。2人は広島で2007年から2013年までの7年間、と …