カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山が広島を選んだ『本当の理由』…「スタメンになれる」が決め手か

2022年7月24日

秋山が広島を選んだ『本当の理由』…「スタメンになれる」が決め手か

二つのまさか、である。

メジャーから日本球界に復帰する秋山翔吾(34)をめぐり、古巣の西武、金満ソフトバンクとの三つ巴の争奪戦を制したのは、広島カープ。金欠球団が大型選手の争奪戦に参入したことも意外なら、縁もゆかりもないという広島を秋山が選んだことも意外に思える。

いったいなぜ?

「菊池や會澤、田中広ら広島選手と侍ジャパンで親しく、彼らからその好人物ぶりが編成部門に伝わっていた。加えて元広島で現ツインズの前田健太(34)ともじっこんで、秋山の心境などの情報がもたらされ、編成が“獲れる”と判断したらしい」

とスポーツ紙デスク。

金銭面では、西武が2年契約で2億円、広島が出来高含め3年5億円、ソフトバンクが3年8億円プラス出来高を提示したというが、

「まず、金銭面と、“新たな環境で勝負したい”という理由で西武が脱落。メジャー挑戦は失敗に終わったので、出戻りはバツが悪かったこともあるでしょう」

本人に自信がなかった?

高額提示のソフトバンクはなぜ袖にされたのか。

「アメリカで長らくベンチを温め続けた秋山は、試合に出ることに飢えています。野戦病院の如く負傷者が相次いでいるソフトバンクは、今なら即レギュラーでしょうが、本来は選手層が厚く、負傷者たちが復帰したら秋山をもってしてもレギュラーの座を維持することは難しい。というか、本人に自信がなかったのでは? それにひきかえ広島は容易にレギュラーになれる。今季からメジャー挑戦中の鈴木誠也の穴どころか、3年前に巨人に行った丸佳浩の穴すら埋まっていません」

秋山は、広島のオーナーから「2000本打ってくれ」と激励されて入団を決意したと語ったが、

「“あと100本”とかならまだしも、彼は日米通算してもまだ1476安打。2000安打を語るには早すぎる。実質2年半の契約で達成するのは無理がありますし。まあ、正直に“レギュラー獲れるから”なんて言えないでしょうけど」

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

打力より『人間力』、母校を訪ねてわかったカープ・鈴木誠也のルーツ

打力より『人間力』、母校を訪ねてわかったカープ・鈴木誠也のルーツ

「去年のオフにも、この教室に来てシチューを食べてましたよ」 『鯉のはなシアター』という番組でこれまで幾多のプロ野球選手の母校を訪ねたが、家庭科実習室の黒板やハンドソープにサインを残している選手は初めて …

カープ若手『注目株』である韮澤が坂倉との自主トレで得たものとは?

カープ若手『注目株』である韮澤が坂倉との自主トレで得たものとは?

坂倉将吾と自主トレを行い、身体全体で打つことを覚えたカープの若手注目株、韮澤雄也! 広島東洋カープで通算700試合に出場。2017年に打率.310を記録するなど10年以上にわたって活躍した安部友裕氏。 …

森翔平がウ・リーグの優秀選手賞受賞「来季は1軍ローテを勝ち取る」

森翔平がウ・リーグの優秀選手賞受賞「来季は1軍ローテを勝ち取る」

11月25日、NPBからウエスタン・リーグの優秀選手賞が発表され森翔平(広島)が選出された。 球団公式ウェブサイトを通じて森は「初めてのことばかりで戸惑うことも多く、前半戦はなかなか結果がでませんでし …