カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

秋山が広島を選んだ『本当の理由』…「スタメンになれる」が決め手か

2022年7月24日

秋山が広島を選んだ『本当の理由』…「スタメンになれる」が決め手か

二つのまさか、である。

メジャーから日本球界に復帰する秋山翔吾(34)をめぐり、古巣の西武、金満ソフトバンクとの三つ巴の争奪戦を制したのは、広島カープ。金欠球団が大型選手の争奪戦に参入したことも意外なら、縁もゆかりもないという広島を秋山が選んだことも意外に思える。

いったいなぜ?

「菊池や會澤、田中広ら広島選手と侍ジャパンで親しく、彼らからその好人物ぶりが編成部門に伝わっていた。加えて元広島で現ツインズの前田健太(34)ともじっこんで、秋山の心境などの情報がもたらされ、編成が“獲れる”と判断したらしい」

とスポーツ紙デスク。

金銭面では、西武が2年契約で2億円、広島が出来高含め3年5億円、ソフトバンクが3年8億円プラス出来高を提示したというが、

「まず、金銭面と、“新たな環境で勝負したい”という理由で西武が脱落。メジャー挑戦は失敗に終わったので、出戻りはバツが悪かったこともあるでしょう」

本人に自信がなかった?

高額提示のソフトバンクはなぜ袖にされたのか。

「アメリカで長らくベンチを温め続けた秋山は、試合に出ることに飢えています。野戦病院の如く負傷者が相次いでいるソフトバンクは、今なら即レギュラーでしょうが、本来は選手層が厚く、負傷者たちが復帰したら秋山をもってしてもレギュラーの座を維持することは難しい。というか、本人に自信がなかったのでは? それにひきかえ広島は容易にレギュラーになれる。今季からメジャー挑戦中の鈴木誠也の穴どころか、3年前に巨人に行った丸佳浩の穴すら埋まっていません」

秋山は、広島のオーナーから「2000本打ってくれ」と激励されて入団を決意したと語ったが、

「“あと100本”とかならまだしも、彼は日米通算してもまだ1476安打。2000安打を語るには早すぎる。実質2年半の契約で達成するのは無理がありますし。まあ、正直に“レギュラー獲れるから”なんて言えないでしょうけど」

(※引用元 デイリー新潮

関連記事

中崎が大野練習場でリハビリ開始、シーズン中に手術しなかった理由…

中崎が大野練習場でリハビリ開始、シーズン中に手術しなかった理由…

完全復活への1歩。広島中崎翔太投手(27)が14日、広島・廿日市市内の大野練習場でリハビリを開始した。6日に広島市内の病院で右膝半月板部分切除手術を行い、前日13日に退院した。松葉づえ姿でチームメート …

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

中村恭の先発直訴から見る救援陣の憧れと不安…勤続疲労と隣り合わせ

かつての役割に未練を残す投手は、どれほどいるのだろうか。広島・中村恭が先発転向を直訴した。「元々、先発として結果が出なかった。年齢(31歳)も考えて挑戦するなら今がいいと思った」。救援に本格転向した1 …

小園海斗がすでに持つ、一流選手に必要なファクターのひとつとは!?

小園海斗がすでに持つ、一流選手に必要なファクターのひとつとは!?

ミレニアム世代は〝村上・清宮世代〞に続けるか!? 日本球界のトップ選手がメジャーに移籍するのが当たり前となった現在、たびたび囁かれるのが「スター流出による日本野球の空洞化」だ。一流選手が次々と流出する …