カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

武器は「肩」と「努力」と「覚悟」!矢野に見る・人生の切り拓きかた

2022年9月14日

武器は「肩」と「努力」と「覚悟」!矢野に見る・人生の切り拓きかた

緑を湛えた芝生に、選手たちが姿を現す。お互いに挨拶や言葉を交わしながら一日がスタートする。そこから、各自が体を動かし始める。ウォーミングアップの光景である。

二軍内野守備・走塁コーチの玉木朋孝は、一人の選手の動きが気になった。

「彼は、全体から少し離れて、一人で黙々と動いていました。人と喋ることもなく、自分のやるべきことをやっているのです。私は、『自覚が出てきたな』と捉えました」

2年目のシーズンを戦っている矢野雅哉である。読者のイメージは違うかもしれない。パンチパーマのスタイルで、チームの円陣でも剽軽な空気を醸し出す。その姿は、テレビや新聞でも随分とクローズアップされた。

それも、矢野である。

一方で、妥協のないハードワークで人生を切り拓いてきたのも矢野である。

今回は、後者の物語だ。身長171センチは、決して大柄ではない。しかし、矢野には、大きな武器があった。「肩」と「努力」と「覚悟」である。

「リアリスト」ぶりを徹底した大学時代

「明日死ぬかのように生きよ」

ボーイズリーグのとき、指導者から言われた言葉である。なかなかに「パンチ」が効いているが、彼は、その言葉を大事に野球に向き合ってきた。

「大学時代は、夕食後に21時くらいまで(自主)練習していました。最も長い練習ですか? 午前4時までやったことがあります。正直、コンディションのことを考えれば良くないかもしれませんけどね」

全国屈指の強豪である亜細亜大学において、打線の中でも、「リアリスト」ぶりを徹底した。

「自分はあまり打てるバッターではなかったので、クリーンアップにいかにつなぐかを考えていました。球数を投げさせる。四球で出塁する。バントの構えで投手を揺さぶる。相手の嫌がることに集中していました。強く振って、遠くに飛ばそう。あんまり、そんなことは考えたことがありませんでした」

中学・高校はホームラン、なし。大学では1本塁打。この数字も、勲章である。

「ベンチが『刺せる』と思ったときに、アウトにして欲しい」

もちろん、プロに入る選手である。スーパーマンの要素もある。「遠投130メートル」とも伝えられる強肩だ。実際、担当の松本有史スカウトは、大学入学直前の矢野のスローイングを見て「ひと目惚れ」している。

「肩が強い選手を見ても、あんまり驚きません。肩が強いのは良いことですが、内野手です。いかに捕ってから素早く投げるか、いかに正確に投げるか。こちらの方が大事だと思います。例えば、ゆったり投げて肩を披露しても意味はないのです。捕ってからの秒数を短くする事を考えています。アウトにしてナンボですからね」(玉木コーチ)

47歳になっても変わらない体型から、変幻自在のノックを放つ玉木コーチである。自身も守備を期待された選手だっただけに、その言葉は、プロの厳しさを教えてくれる。

「捕ったら、一発で投げろ」

矢野の能力を認めるだけに、「コンマ何秒」を削り出す動きを反復練習させた。

「昨シーズンは、二軍で、カットプレーでボールを受けて、そこからホームへの返球が逸れて、ランナーがセーフになることがありました。ベンチが『刺せる』と思ったときに、アウトにして欲しいです。それが求められる選手です」

8月26日ジャイアンツ戦、画面越しに、玉木は唸った。2アウト1塁、坂本勇人の打球はセンターへ。センター大盛穂はショートの矢野に返球、そこから矢野がホームに鋭い球を投げ、走者・ウィーラーはタッチアウトになった。

「あれは見事でした。捕ってからも素早く、送球も正確。おまけに、キャッチャーがタッチしやすい質の球を投げました。肩の強さだけじゃありません。チームへの貢献度が実に大きいプレーでした」

「キラキラ」しているタイプではないかもしれないが…

どこまでも地に足がついている。大学時代は、毎日400字前後の野球ノートの記入を欠かさなかった。恩師である亜細亜大学・生田勉監督の言葉で、今も胸に刻むのは「無事是名馬(ぶじこれめいば)」。スイーツはあまり好まない。一方で、「寮のチャンジャが旨いです」と好みのシブさもたまらない。8月16日にドラゴンズのエース・柳裕也から放ったプロ1号本塁打のインパクトも絶大だったが、昨年ウエスタン・リーグで放った公式戦初アーチはランニングホームランであったことも強烈な印象を残してくれた。

これまで、厳しい練習にも前向きに臨んできた。「ひとつひとつのメニューに対して、『あとひと踏ん張り』することがメンタルを強くすることにつながったと思います」。

もちろん、あの強肩を含め、天賦の才によるところは少なくないだろう。しかし、どんなときもユニフォームを真っ黒にし、ボールに食らいつき、勝利の確率を1%でも高めることに粉骨砕身する。

ドラフト6位。選手名鑑のプロフィールが「キラキラ」しているタイプではないかもしれない。しかし、矢野雅哉のプレースタイルは、雄弁に「ギラギラ」と自分自身を物語る。

(※引用元 文春オンライン

関連記事

丸佳浩移籍の『心の傷』癒えない理由、あるカープファンの面倒な思い

丸佳浩移籍の『心の傷』癒えない理由、あるカープファンの面倒な思い

ペナントレース終盤。巨人が優勝に向けて首位を独走する中、ベイスターズがそれを猛追。世紀の大逆転があるのか、それとも巨人が逃げ切るのか。目の離せない日々が続いている。 球団史上初の3連覇という偉業を達成 …

新井カープ「ここだけの舞台裏話」/なぜ「黒田監督」でなかったか?

新井カープ「ここだけの舞台裏話」/なぜ「黒田監督」でなかったか?

ある意味で、今季のセ・リーグを面白くしてくれているのは、どんな采配をするのかあまり読めない、新井カープではないかと思う。昨季オフ、監督が佐々岡真司から黒田博樹ではなく、新井貴浩へ変わった。いま広島の街 …

新井監督の『手腕』を球団OBも高評価!「選手を信じて使っている」

新井監督の『手腕』を球団OBも高評価!「選手を信じて使っている」

新監督のカラーが徐々に浸透している。今季より新井貴浩新監督が率いる広島は、4月20日の甲子園での阪神戦に7-5で勝利し、3連戦を1勝2敗で終えた。現時点での通算成績は9勝7敗、4位に着けており上位陣の …