カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープOBが顔をしかめた新井監督「新入団会見」のヌルすぎるひと言

2022年12月13日

カープOBが顔をしかめた新井監督「新入団会見」のヌルすぎるひと言

広島の新入団選手会見が12月12日に行われたが、新任・新井貴浩監督の呑気な発言に、関係者は苦笑いしている。

苫小牧中央高から投手でドラフト1位指名された斉藤優汰など、育成を含む10選手が勢ぞろい。会場で見守ったファンおよそ200人の前で意気込みを語ったが、肝心の新井監督は、なんとも気を抜いたコメントに終始したのだ。

新井監督は選手や関係者、ファンに対して「広島カープは12球団で最もアットホーム、家族的な球団。安心してください!」。これには球団OBも、「初っ端が大事なのに、油断させかねない」 と顔をしかめ、次のように語った。

「焦らずに準備して、来年1月の新人合同自主トレーニングに備えてくれ、という意味合いもあったと思うが、なんせ広島は12球団でいちばん練習が厳しいチーム。他球団の現役主力選手でさえ『カープにだけは行きたくない』と避けられるほど。気が優しい新井監督らしさといえば、それまでなのですが…」

勝負の世界が甘くないのは、ドラフト6位で入団後、血がにじむ思いで努力した末に2000安打を達成した新井監督が最もよく知っているはず。「名選手だったけど名監督ならず」の序章とならなければと、いささか心配になるが…。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

ルーツ監督の提案「赤ヘル」!だが、生みの親はわずか15試合で退団

ルーツ監督の提案「赤ヘル」!だが、生みの親はわずか15試合で退団

昭和50年シーズンのセ・リーグを制したのは「赤ヘル」こと広島カープである。3年連続最下位から初優勝。新聞には連日「赤ヘル」の見出しが躍った。 実はスポーツ紙に初めて「赤ヘル」の見出しが載ったのは、オー …

「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報

「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報

佐々岡真司監督が辞任した広島の次期監督問題が、早くも終盤を迎えている。 OB・新井貴浩氏の新監督就任のため、参謀格として、今季限りでオリックスを退団する水本勝己ヘッドコーチの入閣がほぼ固まった、との情 …

広島に移住、1年が経った人の「広島に対するイメージ」変化がこちら

広島に移住、1年が経った人の「広島に対するイメージ」変化がこちら

読者のみなさんが、広島県と聞いて思い浮かべるものはなんだろうか。 観光名所に歴史遺産、特産物に広島ならではの料理。スポーツチームや、出身の有名人を連想する人もいるかもしれない。 片手で数えられるほどの …