カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

2022年12月15日

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

ベンチの最前線で張り上げる中村健人の“声”は、よく通る。ルーキーイヤーは出場こそ63試合ながら、出番がなくても存在感は際立っていた。「その日に先発メンバーとしては勝利に貢献できなくても、僕には声がある」。一軍定着をつかみとった武器でもあった。

一軍にいながら、出場機会がないままゲームセットを迎える試合も多かった。「周りからは『チームを盛り上げて、すごいね』という、ありがたい言葉も掛けていただいたりしたけど、自分を鼓舞していたというか……折れそうな心を自分の声で保っていた感覚もありました」。常に誰よりも試合に入り込む気持ちを保って、限られたチャンスに備えた。

中京大中京高から慶大、トヨタ自動車を経てプロ入り。“エリート”のイメージとは対照的なハツラツさは、来季のチームキャッチフレーズ『がががが が むしゃら』とも重なる。「声はいつでもプラスになる。その上で打ったら最高だし、守ったら最高」。強烈なプラス思考は、成長への大きな原動力にもなる。

1年目は「いい意味で欲につながる1年間だった」と振り返る。「3本塁打も打てるとは思っていなかった。来年はもっと。10本、15本打ちたい思いにつながった」。プロ1号はヤクルト・石川雅規、2号はDeNA・今永昇太とセ・リーグ屈指の左腕から。

「守備面、走塁面は今まで培ってきたもので勝負できるし、これを磨いていけばという手応えもあった。やはり打撃で貢献することがカギ」。外野勢は秋山翔吾を筆頭に西川龍馬、野間峻祥らがいる。レギュラーの壁は高いが、その牙城に挑む。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

誠也の挑戦が同僚の引き出しに…自然体で先頭に立つ主将としての背中

誠也の挑戦が同僚の引き出しに…自然体で先頭に立つ主将としての背中

広島・鈴木誠也外野手(26)の探求心は、巡り巡って味方の成長まで促している。先輩の堂林に求められて助言を伝えたかと思えば、独自のルーティンに興味を持った新外国人クロンが、見よう見まねで鈴木誠と同じティ …

元広島・梵が社会人野球へ転身、カープの低迷期を支えた名遊撃手

元広島・梵が社会人野球へ転身、カープの低迷期を支えた名遊撃手

元広島・梵が社会人野球へ転身 広島の二塁手はもう何年も菊池涼介で不動だ。抜群の身体能力を持つ菊池が、なぜ守備範囲や肩の強さが最も活かされる遊撃手ではなく、二塁手を守るようになったのか、疑問に思ったこと …

カープでデビュー!秋山翔吾の西武『復帰』を阻んだ「許せない2人」

カープでデビュー!秋山翔吾の西武『復帰』を阻んだ「許せない2人」

米球界からおよそ2年半ぶりに日本球界に復帰した広島・秋山翔吾(34)は2軍戦で4試合の調整を経て佐々岡真司監督が宣言していた通り8日の中日戦(バンテリンドーム)から1軍に昇格した。そのまま同日の中日戦 …