カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

2022年12月15日

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

ベンチの最前線で張り上げる中村健人の“声”は、よく通る。ルーキーイヤーは出場こそ63試合ながら、出番がなくても存在感は際立っていた。「その日に先発メンバーとしては勝利に貢献できなくても、僕には声がある」。一軍定着をつかみとった武器でもあった。

一軍にいながら、出場機会がないままゲームセットを迎える試合も多かった。「周りからは『チームを盛り上げて、すごいね』という、ありがたい言葉も掛けていただいたりしたけど、自分を鼓舞していたというか……折れそうな心を自分の声で保っていた感覚もありました」。常に誰よりも試合に入り込む気持ちを保って、限られたチャンスに備えた。

中京大中京高から慶大、トヨタ自動車を経てプロ入り。“エリート”のイメージとは対照的なハツラツさは、来季のチームキャッチフレーズ『がががが が むしゃら』とも重なる。「声はいつでもプラスになる。その上で打ったら最高だし、守ったら最高」。強烈なプラス思考は、成長への大きな原動力にもなる。

1年目は「いい意味で欲につながる1年間だった」と振り返る。「3本塁打も打てるとは思っていなかった。来年はもっと。10本、15本打ちたい思いにつながった」。プロ1号はヤクルト・石川雅規、2号はDeNA・今永昇太とセ・リーグ屈指の左腕から。

「守備面、走塁面は今まで培ってきたもので勝負できるし、これを磨いていけばという手応えもあった。やはり打撃で貢献することがカギ」。外野勢は秋山翔吾を筆頭に西川龍馬、野間峻祥らがいる。レギュラーの壁は高いが、その牙城に挑む。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

ヘルメットが赤になったワケ 1975年、広島カープは球団創設26年目にして初優勝を果たした。今回は長年にわたって染みついた負け犬根性を一掃した指導者について書く。 その男、ジョー・ルーツはクリーブラン …

緒方監督が、リーグ3連覇しても『名将』と呼ばれない本当の理由とは

緒方監督が、リーグ3連覇しても『名将』と呼ばれない本当の理由とは

「勝ってオールスター休みに入りたかったけどね」 引き分けを挟んで、20年ぶりの11連敗で前半戦を終えた広島カープの緒方孝市監督の試合後のコメントだ。そのあとに続けたのが、「1回また体、そして気分的にも …

V奪還のカギは抑えを誰にするか…俺は九里を推薦するがどうだろう?

V奪還のカギは抑えを誰にするか…俺は九里を推薦するがどうだろう?

先発の頭数はそろってきた 6月28日の中日戦(ナゴヤドーム)で、広島の新人・森下暢仁が初勝利を挙げた。8回まで無失点ながら、9回に3失点で完封、さらに完投も逃したのは残念だったが、まだ今シーズン、12 …