カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

2022年12月15日

中村健人、高き壁へ!声で自身のことも鼓舞/わがチームの『○○王』

ベンチの最前線で張り上げる中村健人の“声”は、よく通る。ルーキーイヤーは出場こそ63試合ながら、出番がなくても存在感は際立っていた。「その日に先発メンバーとしては勝利に貢献できなくても、僕には声がある」。一軍定着をつかみとった武器でもあった。

一軍にいながら、出場機会がないままゲームセットを迎える試合も多かった。「周りからは『チームを盛り上げて、すごいね』という、ありがたい言葉も掛けていただいたりしたけど、自分を鼓舞していたというか……折れそうな心を自分の声で保っていた感覚もありました」。常に誰よりも試合に入り込む気持ちを保って、限られたチャンスに備えた。

中京大中京高から慶大、トヨタ自動車を経てプロ入り。“エリート”のイメージとは対照的なハツラツさは、来季のチームキャッチフレーズ『がががが が むしゃら』とも重なる。「声はいつでもプラスになる。その上で打ったら最高だし、守ったら最高」。強烈なプラス思考は、成長への大きな原動力にもなる。

1年目は「いい意味で欲につながる1年間だった」と振り返る。「3本塁打も打てるとは思っていなかった。来年はもっと。10本、15本打ちたい思いにつながった」。プロ1号はヤクルト・石川雅規、2号はDeNA・今永昇太とセ・リーグ屈指の左腕から。

「守備面、走塁面は今まで培ってきたもので勝負できるし、これを磨いていけばという手応えもあった。やはり打撃で貢献することがカギ」。外野勢は秋山翔吾を筆頭に西川龍馬、野間峻祥らがいる。レギュラーの壁は高いが、その牙城に挑む。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

鬼軍曹・大下剛史さんの恐怖が生んだ?初ホームラン/新井貴浩コラム

鬼軍曹・大下剛史さんの恐怖が生んだ?初ホームラン/新井貴浩コラム

前回は鬼軍曹・大下剛史さんの指導で二軍に行きたくてたまらなかったお話をしましたが、そういえば、プロ初本塁打は、大下さんのおかげと言っていいかもしれません。 6月6日、浜松での中日戦でした。私は、ヒザを …

緒方監督の死角…、絶対王者転落の一因は問題だらけの『選手起用法』

緒方監督の死角…、絶対王者転落の一因は問題だらけの『選手起用法』

交流戦最下位からチーム20年ぶりの11連敗と悪夢が冷めないまま、前半戦を終えた広島カープ。球団初のリーグ3連覇を達成した緒方孝市監督にとっても、試練の後半戦となりそうだ。 現役時代から口数が少なく、黙 …

広島カープの『躍進』を支えるクローザー・矢崎拓也の魅力と可愛げ!

広島カープの『躍進』を支えるクローザー・矢崎拓也の魅力と可愛げ!

こんにちは、文春野球コラム5回目の登板になります。中田廉です! 9月6日現在、カープの順位は2位で、1位の阪神はマジック13。そのゲーム差は7.5。僕自身は現役を終え、やや遅咲きのカープファンとして観 …