カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中村奨成の野球センスは球界屈指「このまま消えるのはもったいない」

2022年12月27日

中村奨成の野球センスは球界屈指「このまま消えるのはもったいない」

今季はヤクルト・村上宗隆が、プロ野球界の主役にステップアップした年だった。日本記録の56本塁打を樹立し、22歳と史上最年少で三冠王を獲得した。一方、その同世代である広島・中村奨成は──。

さかのぼること5年前、2017年のドラフト。村上は清宮幸太郎(日本ハム)の「外れ1位」でヤクルトに入団する。同世代の主役は清宮、安田尚憲(ロッテ)、中村の「高校ビッグ3」だった。早実で史上最多の高校通算111本塁打をマークした清宮に高校生最多タイの7球団が競合。中村には広島と中日の2球団が1位指名した。村上と安田は最初の1位指名で声が掛からなかった。中村は抽選の結果、広島へ。

それから5年。地元・広島出身のスター選手の獲得に将来を嘱望されたが、伸び悩んでいる。今季は27試合出場で打率.193、0本塁打、5打点。さらに、週刊文春で女性を妊娠させ、中絶を迫っていたことが報じられ批判の声が殺到。「トレード放出論」が報じられる事態となった。他球団のスカウトは、こう振り返る。

「中村は投げる、打つ、走る。全ての野球センスが球界屈指。今まで見てきた選手たちの中でもモノが違った。ウチも1位指名するか最後まで迷った。森友哉(オリックス)のような球界を代表する捕手になる可能性は十分あったよ。村上とだいぶ差をつけられてしまったが……高校時代に見せた輝きを考えると、このまま消えるのはもったいない」

中村の名前が全国区になったのは、広陵高3年夏に出場した甲子園だった。3試合連続アーチ、1試合2本塁打を2度マークするなど、準決勝までの4試合で6本塁打を記録。1985年に清原和博(PL学園)が樹立した1大会の個人最多本塁打記録を32年ぶりに更新した。

「ホームランバッターという印象ではなく、芯に当てるのがうまい。あの打ち方は天性の才能でしょう。教えられて身につくものではない。強肩強打に加えて俊足で、プロの世界でトリプルスリーを狙える逸材だった。ミート能力でも高校時点では村上に引けを取らなかった」(前出・スカウト)

広島では将来の正捕手として期待されたが、信頼を得られなかった。出場機会を増やすために外野にも挑戦。2021年は39試合出場で打率.283、2本塁打、5打点をマーク。さらなる飛躍を期待された今年は開幕1軍入りこそ果たしたが、代打で結果を残せず1軍定着できない。捕手での出場へこだわりを口にしていたが、先発マスクはわずか5試合にとどまった。

スポーツ紙遊軍記者は「中村の素質は首脳陣も認めているが、野球に取り組む姿勢が甘い。練習で手を抜くわけではなく一生懸命やっているが、1つのプレーに対する執着、どういう選手になりたいかという部分で伝わってこない。来年は坂倉将吾が捕手に専念し、會澤翼も控えているので、今年以上に立場は厳しくなる」と指摘する。

シーズン後の秋季キャンプにも呼ばれず、契約更改では主力でないにもかかわらず、異例の大トリで100万円ダウンの推定年俸800万円でサインした。

「広島は面倒見がいい球団。ドラフト1位ということもあり、殻を破ってほしいという思いは強いでしょう。ただ、依然としてトレード放出の噂はくすぶっています。居心地の良い地元を離れたほうが本人のためだし、捕手でチャンスが多い球団に身を置いたほうが覚醒できるかもしれない」(スポーツ紙デスク)

背水の陣を迎えた中村の行く末は──。

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

打撃タイトル無冠も…落合博満が「理想」と絶賛した天才・前田智徳!

打撃タイトル無冠も…落合博満が「理想」と絶賛した天才・前田智徳!

野武士のようなたたずまいで 史上唯一の三冠王を3度獲得した落合博満も認めた天才打者がいた。元広島の前田智徳だ。 熊本工高で甲子園に3度出場し、その打撃センスが注目される。地元球団のダイエー(現ソフトバ …

戸田「子供時代は楽しみでしたが、高校時代は何もなく」/クリスマス

戸田「子供時代は楽しみでしたが、高校時代は何もなく」/クリスマス

プロ野球12球団の選手や監督・コーチに、毎週決まったお題について自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「クリスマス」です。 広島・戸田隆矢投手 小さなころはサンタクロースがいると信じていました。皆さ …

達川氏「大瀬良が今季15勝」の予想が外れ、宣言通りに解説者引退?

達川氏「大瀬良が今季15勝」の予想が外れ、宣言通りに解説者引退?

セ・パともにペナントレースの優勝チームが決まり、プロ野球の評論家たちが開幕前に予想した順位予想の“答え合わせ”の季節がやってきた。とりわけ今年、ファンの注目を集めていたのが、順位予想に際して「解説者人 …

Archives by Month

新着記事