カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

新井監督の『手腕』を球団OBも高評価!「選手を信じて使っている」

2023年4月21日

新井監督の『手腕』を球団OBも高評価!「選手を信じて使っている」

新監督のカラーが徐々に浸透している。今季より新井貴浩新監督が率いる広島は、4月20日の甲子園での阪神戦に7-5で勝利し、3連戦を1勝2敗で終えた。現時点での通算成績は9勝7敗、4位に着けており上位陣の混戦が続く中、一時は首位にも立つなど開幕から尻上がりにチームの安定感が増してきている。

今季は4連敗での苦しいスタートとなったが、その後は投打がかみ合いを見せ5連勝も記録。甲子園では連敗を喫したものの、カードの最後をものにし3タテを防いだ。

しぶとく白星を重ねてきている広島は、打線をほぼ固定しながらの戦いを続けており、リーグトップタイの51得点(20日終了時)と結果にも結び付いている。ここから5月攻勢を狙うべく、さらに期待が寄せられる中、新人監督の手腕を称える球団OBの声も伝えられている。

「だんだん野球が固まってきているんじゃないかな」

開幕から現在までの広島の試合内容を振り返り、そう語っているのは高橋慶彦氏だ。現役時、広島の主力として活躍し3度の日本一にも貢献した高橋氏がYouTubeチャンネル『よしひこチャンネル』を4月20日に更新し、その中で新井監督の選手起用について見解を述べている。

19日の阪神戦の7回表二・三塁の場面で、この日が4試合目の出場となった會澤翼の打席、好機で代打を望む声が多かったとの話題で高橋氏は、「新井監督が選手を信じて使っているスタンス」と指摘。結果的に會澤は凡打に終わっているものの「目先(の結果だけ)で代えても、ということだったかもしれない」と采配を評した。

また、ペナントレースでは3連敗を避けることが重要として「そのためにチームにはエースが必要」と語りながら、現在ファームで調整中である、開幕投手の大瀬良大地に言及。同氏は「新井監督は大胆。余裕があるな」と言葉を続け、その上で「リフレッシュさせて、ここから長いシーズンで柱になって欲しいということだろうな」と見通している。

さらに、野手に関しても、ショート以外のポジションは固定できている点にも触れ、打線でも「菊池(涼介)選手が1番になったから全く変わった。よく1番に持ってきたと思う」として、ベテランのリードオフマン起用を絶賛。

他にも高橋氏は、新井監督がここまでみせている采配などにも印象を述べながら「だんだん選手が見えてきている。後は外国人や坂倉(将吾)等が良くなれば打線も大きく変わる」として、さらなる躍進に期待を込めている。

高橋氏の言葉通り、序盤戦以降、3連敗を喫しない戦いを続けている広島。その手腕に高い評価が送られている新指揮官にけん引され、勢いを増しながら鯉のぼりの季節へと向かう。

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

日本最強の4番・鈴木誠也の『向上心』!【野球人が紡ぐ言葉と思い】

日本最強の4番・鈴木誠也の『向上心』!【野球人が紡ぐ言葉と思い】

「あいつに回したくないと思わせた時点で、4番の役割を果たしているかなと思います」(広島・鈴木誠也) 一度だけ、鈴木のロングインタビューに成功したことがある。彼が初めてWBC日本代表に選ばれた2017年 …

佐々岡監督の構想で栗林が壊れる?回またぎ解禁匂わせネット上で物議

佐々岡監督の構想で栗林が壊れる?回またぎ解禁匂わせネット上で物議

就任3年目の今季、4年ぶりリーグ優勝・38年ぶり日本一をめざす広島・佐々岡真司監督。20日に伝えられた、チームのプロ2年目・25歳の栗林良吏にまつわる発言がネット上で物議を醸している。 報道によると、 …

天才・西川の真髄「バットが届くところは全部ストライクと思ってる」

天才・西川の真髄「バットが届くところは全部ストライクと思ってる」

皆さんはじめまして、広島東洋カープでピッチャーをしていました横山弘樹です。 今回はカープの攻撃の中心、西川龍馬という男について少し思い出話も込みでお話したいと思います。 彼といえば、”天才 …