カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

菊池涼介、スペシャリストの飽くなき『探求心』/守備職人のプライド

2023年5月7日

菊池涼介、スペシャリストの飽くなき『探求心』/守備職人のプライド

その守備は、ため息をもらす敵軍ファンを含めて球場全体を魅了する。4月16日の本拠地・マツダ広島でのヤクルト戦、6回一死一、二塁。菊池涼介は濱田太貴の二塁後方の打球を、右翼方向にスライディングしながら鮮やかにキャッチ。

直後に田中広輔の満塁本塁打で同点に。5点差からの逆転勝利の一翼を担った。新井監督も「打点1(に値する)でしょ」と、うなった。

好プレーの例を挙げたら、キリがない。2020年に二塁手として史上初のシーズン無失策を達成し、連続守備機会無失策記録(569)のプロ野球記録を持つが、天然芝の本拠地でプレーするからこそ、その価値は数字では計り切れない。

今季はセ・リーグで山本浩二氏を超える連続年数、宮本慎也氏ら4人の受賞回数を上回る11年連続11度目のゴールデン・グラブ賞の受賞が期待される。プロ12年目、33歳にしても衰えることのない探究心。

「納得している人は、現役の人ではいないと思う。『まだまだやれる』『できる』『やらなきゃいけない』は毎年思ってやっている」。その思いが、唯一無二のスペシャリストの地位を不動のものにしている。

もちろん守備だけではない。現役をともにした指揮官の下、今季はリードオフマンとして打線も引っ張る立場だ。4月4日の阪神戦(マツダ広島)では激走で2つの内野安打をもぎ取るなど、ヘッドスライディング4連発。

ベテランの気迫が、雨天中止を挟んで6日からの5連勝の呼び水となった。「背中で引っ張っていきながら、秋山(秋山翔吾)さんや會澤(會澤翼)さんの力を借りてみんなで戦っていきたい」と、鯉の忍者は頼もしい。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

誠也、メジャー断念の危機?遅延で新たに浮上し始めた『大問題』とは

誠也、メジャー断念の危機?遅延で新たに浮上し始めた『大問題』とは

広島東洋カープ・鈴木誠也外野手は、本当に大丈夫か?新・労使協定を巡るメジャーリーグ機構と同選手会の話し合いは“第2章”に突入した。 両者が合意できないため、メジャーリーグ30球団が全ての業務を停止する …

薮田和樹、下半身主導で3年前の感覚を取り戻す/来季の復活を誓う!

薮田和樹、下半身主導で3年前の感覚を取り戻す/来季の復活を誓う!

2017年に15勝を挙げ、自己初のタイトルとなった「勝率第一位」を獲得し、チームのリーグ優勝に大きく貢献した姿は今年もなかった。大きな期待を背負って臨んだ18年シーズンは9試合の登板にとどまり、2勝1 …

【動画】勝負強さがエグすぎる…松山の同点タイムリーで赤が揺れた!

【動画】勝負強さがエグすぎる…松山の同点タイムリーで赤が揺れた!

5月12日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツ対広島東洋カープの試合。代打松山竜平(広島)が巨人の守護神・大勢から同点のタイムリーヒットを放った。松山は前日の試合でも延長12回表に代打で勝ち越しタイ …