カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

田中復活に思う、応援とは同じ光景を観ること「球場へ向かうは旅!」

2023年6月5日

田中復活に思う、応援とは同じ光景を観ること「球場へ向かうは旅!」

田中広輔選手復調の兆しにそっと涙している皆様、こんにちは。私もです。泣くよね。泣く。

思えば3連覇後の田中の怪我や不調は「タナキクマル」の頃から観ていたわしらにはつらいもんがあった。それはいい時期を知っているからに他ならないが、さて復調を喜べるのは悪い時期も観ていたからだ。いい時も悪い時もずっと観てた。だから落ち込むだから喜ぶ。みんなで同じものを観ていた。

マルが去りタナが2軍に落ち、カープはBクラス続きで3連覇の影もなく、カープ女子とは聞かなくなり、キクは相変わらず華麗に舞い捕殺三昧で3割打ったりして。タナキクマル? なにそれ? 美味しいの?状態。はい、同じ光景をいまあなたも観ていますね。

そうだよ、広輔はかっこよかった

鬼門と言われる交流戦。何年振りかにZOZOマリンスタジアムへ向かう。チケットがとれた嬉しみ。毎回、電車内からディズニーランドを過ぎるあたりで「遠!」となる。「旅行じゃん」。

実際ディズニーにはホテル宿泊込みで何度か行ったことがある。泊りがけの距離を越えるのだ。旅でしょ、もう。と、旅感があるのはマリンスタジアムのみではないので距離だけの問題ではなかったりする。

球場へ向かうは日帰り旅感がある。東京ドームも神宮球場も毎度毎度旅をしている気分で向かう。県を越える横浜と西武のベルーナドームへも然り。たぶん、球場用の準備があるから旅感が増すのだ。選手名鑑にユニフォームに応援バットに……もろもろ詰め込む。そして球場で食べる球場メシもご当地名物感がある。

そして祭りを観るのだ、球場で。

同じ球場、同じチーム、やっていることはもちろん野球、でも同じ旅はないわけで。同じ場所に旅しても天候や時間が違えば光景も匂いも音も違うように。同じ試合を数万人で見守るそこまでは同じ。同じものを観ている。だけどこんなに毎回違う、同じで違う。だからこそ今日同じ球場にいることがすごいなあと実感する。確率ミクロじゃないですか?

幾多のものから野球を好きになって、更にカープを好きになる確率だってアレなのに、同じ試合を観て田中復活で泣く確率なんてさらにアレで。同志よ。愛してる。

文春野球コラムの対戦相手ソフトバンク。日本シリーズのソフトバンク戦を思い出したり忘れたり。第2戦、現地で田中広輔のホーム生還を正面から観た。大喜びで「宮島さん」を歌ったなあ。そうだよ、広輔はかっこよかった。それまでも観てたし、これからもずっと観る。

同じものを観ることの確立の微々具合を実感した日だった

旅だと思ったマリンスタジアムにはもうひとつ思い出があって、最寄り駅の海浜幕張に降り立った野球ユニ集団は右に流れ、あきらかに違う姿の集団は左に流れた。左にはかの幕張メッセがある。とあるアニメのイベントだったのだ。パカッと左右に別れた集団はお互いを「……野球?? 野球するところが近くなんだ?」「なに? あれ。なにかイベントでもあるの??」と小さく声に出しつつ見送っていた。

もとアニメーターの私はどちらもわかるため笑ってしもたんよ。面白い場面だった。そのもの同じ衣を纏いて同じ駅に降り立つ清浄の地に導かん、しかし同じものを観る集団同士は知らない相手なのだ。幕張メッセが近いことも球場がそこにあることも当たり前に感じているのは好きだからこそで、知らない人には当たり前でも何でもないのだった。

同じものを観ることの確立の微々具合を実感した日だった。

同じものを観ていることがすでに応援なんだと思う。

タナキクマルの田中広輔を知らない方ももうファンにはおってでしょ。新しいこれからを一緒に観たいです、よろしくお願いします。WBCから野球に入った方もいらっしゃいませ、これから同じ光景を観ていきましょう末永く。

鬼門と言われた交流戦。秋山が言う「今年の交流戦は僕がいる。鬼門は去年まで」。かっこよすぎる! カープに来てくれてありがとう秋山。新しい旅の始まりである。選手と同じ光景を見届けられるのは嬉しい。今日ソフトバンクに勝ってますか?

(※引用元 文春オンライン

関連記事

前田智徳氏、オールスター戦の解説に批判…レアードへの発言が物議を

前田智徳氏、オールスター戦の解説に批判…レアードへの発言が物議を

27日のプロ野球オールスター第2戦の試合前に行われた本塁打競争。出場したロッテ・レアードに対する中継解説・前田智徳氏(元広島)の発言がネット上で物議を醸している。 問題となっているのは、レアードがヤク …

対カープ、特にマツダスタジアムで勝利のイメージがわかない『巨人』

対カープ、特にマツダスタジアムで勝利のイメージがわかない『巨人』

初戦は下水流のサヨナラ弾で決着 7連勝と勢いに乗っていた巨人。エース・菅野智之、新戦力のヤングマン、メルセデスと先発陣の安定もあっての上昇機運だけに、首脳陣も心強かったはずだ。 しかし、首位・広島に5 …

島内颯太郎「せっかくなんで、形に残るものが」/今、一番欲しいもの

島内颯太郎「せっかくなんで、形に残るものが」/今、一番欲しいもの

買い物に行ったりもしますけど、特別に大きいもの、高価なもので欲しいものとかってないんですよね。 ただ、もの自体は何か全然決まっていたりはしていないんですけど、今年1年が終わったときに自分へのご褒美はち …