カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ選手のプライベートが漏れるのは「時代遅れの情報統制」だから

2023年6月13日

カープ選手のプライベートが漏れるのは「時代遅れの情報統制」だから

広島の玉村昇悟が、人気インフルエンサー・きららと今年1月に結婚していたと発表した。7月にはきららが出産予定で「食事面のサポートをしてくれている。いい切り替えができているので頑張る」と、一家の大黒柱としての抱負を語っている。スポーツ紙デスクが言う。

「これは『週刊ポスト』の報道がきっかけで結婚が発覚したものです。玉村は悪気なく『成績を残してから発表しようと思っていた』と直撃取材に応じていましたが、きららは未婚の母として一児をもうけるなど、複雑な家庭環境でもある。あえて発表しなかったのではないか」

そういえば、広島ナインのプライベート事情は、週刊誌の餌食になることが多い。

「2021年1月にはドラフト1位の小園海斗が球団を通じて結婚発表したものの、相手の詳細は明らかにならず。のちにモデルの渡辺リサであることが判明しましたが、これも週刊誌などが書いたことで分かったものです。コロナ禍の2020年3月には、主力の菊池涼介が『週刊朝日』のウェブ版に、交際相手から8000万円もの高額慰謝料請求をされていたと報じられ、菊池が懺悔インタビューを受ける事態に発展しました」(前出・スポーツ紙デスク)

3人に共通しているのは「広島でさえ広がらなければいい」という安易な考えのようで、

「広島は球団がテレビ、新聞、ラジオの情報統制を担っています。スキャンダルを掲載しようものなら、すぐさま出入り禁止が発動されかねない。それをいいことに、選手も他球団と比べてとにかく脇が甘く、情報漏洩が甚だしい。SNS全盛の、令和の時代から取り残されています」(球界関係者)

野球よりもまずは、ネットリテラシーからきちんと勉強させた方がいいのかも。

(※引用元 Asagei plus

関連記事

選手分析/カープ背番号18・森下暢仁「真っ向勝負の黄金ルーキー」

選手分析/カープ背番号18・森下暢仁「真っ向勝負の黄金ルーキー」

大学No.1投手 “大学No.1投手”の称号はだてではなかった。昨年のドラフト1位で広島に入団した森下暢仁。1年目から開幕ローテーション入りを果たすと、シーズンを通して安定した投球を続け、リーグ2位の …

広島カープの37年ぶりリーグ連覇の裏に『黒田氏の遺産』

広島カープの37年ぶりリーグ連覇の裏に『黒田氏の遺産』

広島が2年連続8度目の優勝を甲子園で飾った。1979、1980年の古葉カープ以来、37年ぶりの連覇である。 台風18号の影響で地元優勝の機会が流れたが、半分が真っ赤に染まった甲子園で11度宙に待った緒 …

中田、どんな場面でも対応!頼れる『ファイアマン』/生え抜きの意地

中田、どんな場面でも対応!頼れる『ファイアマン』/生え抜きの意地

どんな場面でも対応する。カープひと筋10年目を迎えた中田廉の真骨頂だ。強力リリーフ陣の一角として、昨シーズンは3年ぶりの50試合登板。競った試合での中盤、終盤を託される。リードを保つのはもちろん、負け …